駐車場内の駐車スペースでの歩行者と四輪車の事故

駐車場内の駐車スペースでの歩行者と四輪車の事故(歩行者A・四輪車B)のイメージ図

駐車場内の歩行者と四輪車の事故は、駐車区画内における事故と通路上における事故とに分けられます。

駐車場の駐車スペース内での歩行者と四輪車の事故の基本過失割合は、歩行者が10%、四輪車が90%の10:90です。
駐車スペース内は人の往来が当然に予想されることから四輪車の運転者には高度の注意義務が課されており、歩行者の有無にかかわらずいつでも停止することができる速度で運転しなければなりません。一方、歩行者としても、駐車スペースは駐車のための場所であるため四輪車の往来を当然に予想すべきとされ、基本過失割合は歩行者が10%、四輪車が90%となっています。

基本過失割合 歩行者10%:自動車90%
  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

見積もりはまだという方も保険料目安チェック

はじめての方はこちら自動車保険ガイド

ページID:
C.5.5.5.2