どのような調査を行って過失割合を決めているのでしょうか?

イメージ画像

まずは事故当事者や目撃者の証言より事故状況を確認し必要に応じ現場確認を行います。具体的には事故現場の道路状況(信号・標識・道幅・見通しなど)、走行状況(運転状況)、回避措置の有無・内容などを確認します。
双方の言い分が食い違うケースや複雑な事故形態では、当事者への図面作成の依頼や専門の調査会社による調査などにより事故状況を確認します。また、人身事故の場合には警察が作成する実況見分調書の内容を確認することもあります。
このようにして確認された事故状況をもとに過失割合(責任の割合、不注意の度合い)を判断します。

見積もりはまだという方も保険料目安チェック

はじめての方はこちら自動車保険ガイド

ページID:
C.5.5.7.4