青信号で進入した四輪車と赤信号で進入した四輪車の事故

青信号で進入した四輪車と赤信号で進入した四輪車の交差点での事故(青信号車A・赤信号車B)のイメージ図

信号機のある交差点での直進四輪車同士、A(四輪車)が青信号、B(四輪車)が赤信号で交差点に進入した場合の事故です。

この事故の基本過失割合は、青信号直進車0%:赤信号直進車100%です。

基本過失割合 A0%:B100%

信号機のある交差点では、信号に従わなければなりません。そのため、青信号で交差点に進入したAには過失がなく、赤信号無視のBに100%の過失が生じます。

ただし、青信号車が前方注視等の安全確認をしていれば容易に事故を回避できたにもかかわらず、それを怠った場合や、信号の変わり目等の場合は、青信号車も過失を問われることがあります。

  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

見積もりはまだという方も保険料目安チェック

はじめての方はこちら自動車保険ガイド

ページID:
C.5.5.1.1