自動車保険の等級制度とは

自動車保険では、事故の内容や回数に応じて、契約者ごとに「等級(ノンフリート等級)」が設定されており、この等級および無事故・事故有の区分に応じて保険料が割引・割増されます。
等級別の無事故・事故有の割増引率のうち、「事故有」の割増引率を適用する期間(始期日時点における残り年数)を「事故有係数適用期間」といいます。

「等級」には、1等級から20等級までの20段階あります。

1等級〜20等級 20段階

はじめて自動車保険に契約すると、6等級からスタートします。

はじめての方は6等級からスタート
  • 一定の条件に該当する場合は7等級から始まります。

1年間、無事故(またはノーカウント事故のみ)なら次年度の等級が1等級アップします。
反対に、事故を起こすと等級が下がります(事故の件数や種類によって等級の下がり方が異なります)。

無事故(またはノーカウント事故のみ)の場合
6等級(事故有係数適用期間0年) UP 次年度は7等級(事故有係数適用期間0年)
保険期間が1年間で無事故だった場合、6等級の契約であれば、次年度の契約では1つ上がり、7等級になります。事故有係数適用期間は加算されません。事故有係数適用期間が「0年」の場合、且つ、事故がない場合には、事故有係数適用期間は「0年」のままです。
〈等級の変化〉
現在の等級が6等級 次年度の等級が7等級
〈事故有係数適用期間の変化〉
現在の事故有係数適用期間が0年 次年度の事故有係数適用期間が0年
3等級ダウン事故の場合
6等級(事故有係数適用期間0年) DOWN 次年度は3等級(事故有係数適用期間3年)(注)
  • 事故の内容により異なります。
ガードレール・フェンス・電柱への衝突、車同士の衝突、他人の車への追突事故等で、保険期間中に保険を使った場合、事故1件につき継続契約は3等級ダウンします。また、事故有係数適用期間は事故1件につき「3年」加算されます。
3等級ダウン事故の一例
相手方にけがをさせてしまった事故
車同士の衝突・接触または追突
電柱・ガードレールに衝突等の単独事故
あて逃げ
〈等級の変化〉
現在の等級が6等級 次年度の等級が3等級
〈事故有係数適用期間の変化〉
現在の事故有係数適用期間が0年 次年度の事故有係数適用期間が3年
1等級ダウン事故の場合
6等級(事故有係数適用期間0年) DOWN 次年度は5等級(事故有係数適用期間1年)(注)
  • 事故の内容により異なります。
台風・洪水・ひょう等偶然な事故で損害を被り、保険期間中に保険を使った場合、事故1件につき継続契約は1等級ダウンします。また、事故有係数適用期間は事故1件につき「1年」加算されます。
1等級ダウン事故の一例
火災・爆発
台風・洪水・高潮
盗難
落書き・いたずら・ガラス破損
〈等級の変化〉
現在の等級が6等級 次年度の等級が5等級
〈事故有係数適用期間の変化〉
現在の事故有係数適用期間が0年 次年度の事故有係数適用期間が1年

「等級」によって、「割増率」「割引率」が変わります。

等級の数字が大きくなるほど、割引率が高くなるため、保険料も安くなります。逆に、等級の数字が小さくなるほど、割引率が低くなるため、保険料も高くなります。
簡単に言うと、1等級が最も保険料が高く(割増率が高い)、20等級が最も保険料が安く(割引率が高い)なります。

なお、1等級から3等級の場合や、はじめて自動車保険に契約する場合において、運転者年齢条件によっては、割増になります。

等級3 12%割増 等級16 52%割引 等級20 最大63%割引
  • 上記の割増引率は、事故有係数適用期間0年(無事故)の場合です。将来の商品改定により、変更となる場合があります。

「等級」は保険会社が変わっても、そのまま引き継がれます。

保険の継続(更新)の際に他社から三井ダイレクト損保に契約保険会社を変更しても等級は引き継がれます。

他社 19等級 次年度 三井ダイレクト損保 20等級
  • 上記は他社の契約期間中で無事故だった場合。
お客さまの声

見積もりはまだという方も保険料目安チェック

はじめての方はこちら自動車保険ガイド

ページID:
C10.1