事故の発生から解決までの流れ

事故にあわれたお客さまに
安心していただけることを第一に考えています

イメージ画像 人物

万一の事故のとき、“人身事故・物件事故の専任スタッフ”があなたに代わって事故対応をいたします(お客さまに賠償責任が発生しない被害事故を除く)。
お電話でのご対応はもちろん、お客さま専用にご用意する「Myホームページ」の「安心メッセージボード」を使うことで、ご都合の良い時に、専任スタッフにご質問やご相談をいただくことができます。

  1. 1. 事故発生時の対応

    もしも自動車事故にあってしまったら、まずは気持ちを落ち着かせ、ケガをされた方の救護や道路上の危険防止措置を取ったうえで、警察への連絡を行ってください。

  2. 2. 三井ダイレクト損保への事故のご連絡

    事故が発生したときは三井ダイレクト損保へ連絡

    事故受付センターで夜間休日を問わず24時間365日、年中無休でお客さまからの事故の受付を行います。
    ご契約車両が自力走行できない場合は、ロードサービスセンターにご連絡ください。

  3. 3. 事故後の初期対応

    相手方への連絡や病院への治療費の請求手続案内、修理工場への損害状況の確認等事故後の初期対応を行い、対応結果をお客さまにご報告します。
    お車の修理については、ご希望に応じて全国の指定修理工場ネットワークをご紹介いたします。

    • 二輪自動車・原動機付自転車は、指定修理工場による各種サービスの対象外となります。
  4. 4. 書類の記載方法とご提出書類

    お客さまが保険金を請求する場合には、保険金請求書等の書類を当社からお客さまにお送りいたしますので、必要事項をご記入の上、ご返送ください。なお、車両事故、対物事故については、保険金請求書を提出していただかない場合もあります。必要書類を提出いただく場合は、担当スタッフからご案内の上、書類をお送りします。

  5. 5. 物損の対応・おケガの対応

    必要に応じ、事故現場や修理工場への立ち会いや、対人事故の場合には病院や被害者の方への訪問を行い、損害の確認および事故解決に向けた話し合いをします。
    「単独事故」「相手方に責任のない加害事故」等のケース別に、活用できる特約等が異なりますので、「物損の対応」および「おケガの対応」それぞれについて、各局面における解決までの流れや、活用できる特約等を、自動車保険を例にしてご案内します。各ケースのボタンを押して、次のページをご確認ください。

  6. 6. 交通事故の過失割合

    当事者の双方に過失(責任)がある事故の場合、一般的には当事者の契約している保険会社が窓口となって協議しながら、双方の合意により過失割合を決定します。
    責任割合は、道路交通法に定められた優先関係、遵守事項や運転慣行、事故の状況等から妥当な割合を交渉します。次のページでは、事故のパターンごとに、代表的なケースの基本過失割合(基本となる責任の割合)をご紹介します。

  7. 7. 事故の解決・保険金のお支払い

    所定の書類を受領後、治療費や修理費等の損害額が確定した段階で、保険金をお支払いします。相手がある事故で賠償保険をご利用いただく場合は、専任スタッフによる話し合いにより、お互いの損害額や責任割合等について合意が得られた場合に示談が成立し、解決後に保険金をお支払します。次のページでは、示談書および免責証書の書き方についてもご紹介します。
    保険金お支払いの内容は、お客さまのご要望により、郵送ハガキまたはインターネットを活用したお客さま専用の「Myホームページ」でご案内いたします。

事故対応の流れ(マンガで見る事故対応)

「もし事故にあったら、どうしたらいいのだろう?」「保険会社はどんな対応をしてくれるのだろう?」・・・・・・
こんな疑問をお持ちの方へ、ある事故のケースをもとに、事故の発生から解決までの流れを、三井ダイレクト損保の事故対応サービスのご紹介を交えてマンガでご説明します。

被害事故の場合〜Aさんのケース〜

信号待ちのため交差点で停車中。
「ドーン!!!」いったい何が起こったのか…。

イメージ画像

出合い頭の衝突事故〜Bさんのケース〜

信号機のない交差点を走行中。
相手の自動車が飛び出してきた…。

イメージ画像

事故の相手が外国人

事故の相手が外国人。日本語が通じない、どうしよう・・・。そんな時に役立つ「多言語事故対応サービス」をご紹介します。

イメージ画像

各種手続きのご案内

ご契約者ページ

サイト利用・各種お問い合わせのご案内

お問い合わせ
ページID:
J2