自動車保険の保険料を左右する「型式別料率クラス」とは

同じぐらいの年齢の方で、同じ保険会社に加入していても、保険料が違う。
こんなことってありませんか。

何が違うのか保険証券を見比べても、運転者の範囲・年齢条件、補償内容も同じ。
そんな場合、その違いは乗っている自動車かもしれません。

「型式別料率クラス」とは

「型式別料率クラス」とは、車検証に記載されている型式毎に定められた補償種類(対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険および搭乗者傷害保険、車両保険)別の1〜9クラスの数値です。

型式別料率クラスは、より適正かつ公平な保険料負担とするため、型式ごとの事故発生状況等に基づいて、損害保険料率算出機構が作成し、毎年見直しが行われています。この仕組みによって、自動車のリスクを保険料に反映させることができているのです。

料率クラスは1〜9クラスの9段階(数値が大きいほど保険料が高くなります)で設定され、補償種類(対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険および搭乗者傷害保険、車両保険)ごとに決定されます。よって、1台の型式で4つのクラスを持っています。

たとえば、以下のように「コンパクトカー」と「高級車、スポーツカー」でクラスが異なります。

[型式別料率クラスのイメージ]コンパクトカーの例 料率クラスのイメージ:対人 3、対物 3、傷害 4、車両 3 コンパクトカーでは、いずれの料率クラスも比較的小さめです。 高級車・スポーツカーの例 料率クラスのイメージ:対人 6、対物 5、傷害 4、車両 9 修理費が高額になるケースが多く、盗難の対象にもなりやすいため、車両保険の料率クラスが特に大きめです。

型式ごとの事故発生状況等に基づいていますので、スピードが出る車、盗難されそうな車など一般的にリスクが高いお車については、保険料は高くなる傾向にあります。

ページID:
R2.14