インターネット割引とは

ダイレクト型(通販型)自動車保険に加入するならぜひ利用したいのが、一般的に「インターネット割引」と呼ばれる保険料の割引制度です。本ページでは保険料の割引を受けられる理由と、三井ダイレクト損保のインターネット契約割引(インターネット割引)について紹介します。

インターネット経由で契約すれば保険料が割引になる

「インターネット割引」とは、パソコンやスマートフォンなどを使い、インターネットを介して自動車保険に加入すると、保険料が安くなるというお得な割引制度です。ほとんどのダイレクト型(通販型)自動車保険で採用されており、インターネット経由で加入申し込みをするだけで適用されます。保険料の割引額は新規契約時と継続契約時では異なるのが通常です。

インターネットで自動車保険の契約をする際は、申し込みをする人自身が、自動車の情報や運転者の情報などを入力して申し込みをすることになります。このため保険会社側は、契約に必要な事務手続きの一部を省略することができ、事務手続きにかかるコストを削減できます。このコスト削減分を保険契約者に還元するという意味合いで、保険料の割引が行われているのです。

インターネット経由での加入申し込み 申し込みをする人が保険会社に申し込み、保険会社は申し込みをする人を契約 パソコンやスマートフォンで入力した情報を直接利用できるので、事務処理にかかるコストを抑制できる インターネット経由での加入申し込み 申し込みをする人が保険会社に申し込み、保険会社は申し込みをする人を契約 パソコンやスマートフォンで入力した情報を直接利用できるので、事務処理にかかるコストを抑制できる

保険会社や契約によってインターネット割引の仕組みが異なる

インターネット割引の仕組みには保険会社や契約によっていくつかの種類があります。大きく分けると、割引前の保険料に関わらず割引額が一定の「定額型」、割引前の保険料を一定の金額で区分して、その区分ごとに割引額(割引率)が異なる「階段型」、割引前の保険料から一定の率で割引を行う「定率型」の3パターンです。三井ダイレクト損保では、新規契約の場合は階段型、継続契約の場合は定額型になっています。

三井ダイレクト損保の「インターネット契約割引」の仕組みと割引額

三井ダイレクト損保でも「インターネット割引」にあたる「インターネット契約割引」を採用しています。

三井ダイレクト損保のインターネット契約割引は、新規契約の場合は、保険料に応じて割引額が異なる仕組みです。また、保険料の払込方法が年払なのか月払なのかでも割引額が異なっています。継続契約の場合は、保険料に関わらず、年払いでは3,000円、月払いでは年間3,240円の割引を受けることができます。

それぞれのインターネット契約割引の割引額を下記の表にまとめました。

年払の場合

対象契約 割引額
新規のご契約の場合
(前契約が他社の場合またははじめてご契約される場合)
割引前保険料が40,000円未満 4,000円
割引前保険料が40,000円以上 60,000円未満 7,000円
割引前保険料が60,000円以上 10,000円
継続のご契約の場合(前契約が三井ダイレクト損保の場合) 3,000円

月払の場合

対象契約 割引額
新規のご契約の場合
(前契約が他社の場合またははじめてご契約される場合)
割引前保険料が年間43,200円未満 年間4,320円
割引前保険料が年間43,200円以上 64,800円未満 年間7,560円
割引前保険料が年間64,800円以上 年間10,800円
継続のご契約の場合(前契約が三井ダイレクト損保の場合) 年間3,240円
  • 月払の場合、割引額の計算方法が年払の場合と異なりますので、お見積もり結果画面にて割引後の保険料をご確認ください。

見積もりはまだという方も保険料目安チェック

はじめての方はこちら自動車保険ガイド

ページID:
C5.4.8.2