補償に関する特約・割引

弁護士費用補償特約(任意セット)

正式名称「自動車事故弁護士費用等補償特約」。
記名被保険者もしくはそのご家族の方、ご契約のお車に搭乗中の方またはご契約のお車の所有者(注1)が、自動車被害事故(相手自動車の所有、使用または管理に起因する偶然な事故)で死亡された場合、後遺障害を被られた場合、ケガで入院もしくは通院された場合、またはそれらの方の所有、使用もしくは管理する財物に損害を被った場合、相手方との交渉を弁護士に依頼されたときなどに必要となる損害賠償請求費用(注2)(注3)について、実際に負担された金額をお支払いします(ただし、1事故につき被保険者1名ごとに300万円限度)。また、法律相談費用(注3)についても、1事故につき被保険者1名ごとに10万円を限度にお支払いします。

保険金の種類 保険金額
弁護士費用等
(弁護士・司法書士報酬、訴訟費用等)
1事故につき、被保険者1名あたり300万円限度
法律相談費用
(弁護士・司法書士への法律相談、書類作成の費用等)
1事故につき被保険者1名ごとに10万円限度
  1. ご契約のお車の所有者については、ご契約のお車の自動車被害事故の場合に限ります。
  2. 委任契約書の提出等により、あらかじめ当社の承認を得て委任した弁護士、司法書士または行政書士に対する弁護士報酬、司法書士報酬、行政書士報酬や、訴訟費用等をいいます。
  3. 当社の同意を得て負担した費用に限ります。

弁護士費用補償特約は以下のような時のための特約です

お客さまの過失がゼロの被害事故にあわれた場合、保険会社が示談交渉することができない(弁護士法72条で示談代行が禁じられています)ため、お客さまご自身で直接事故の相手と交渉(話し合い)をしていただくことになります。

その際の交渉を弁護士等に依頼することもできますが(注4)、「弁護士費用補償特約」をセットしている場合は、お客さまが委任された弁護士等への費用等について保険金をお支払いします。

  1. 委任契約書の提出等により、あらかじめ当社の承認を得て委任した場合

特約の補償重複についてご注意ください

「弁護士費用補償特約」をセットされる場合、記名被保険者およびそのご家族について、補償内容が同様の他の保険契約(自動車保険・バイク保険や、当社以外の保険契約を含みます)が既にあるときは、補償の重複が生じることがあります。
なお、補償の重複を避けるために「弁護士費用補償特約」を1契約のみにセットされる場合、廃車等に伴う「弁護士費用補償特約」をセットされたご契約の解約や、家族状況の変化(同居から別居への変化等)により被保険者が補償の対象外になるときなどは、「弁護士費用補償特約」の補償がなくなることがありますので、十分ご注意ください。

  • 記名被保険者およびそのご家族以外の方については、「弁護士費用補償特約」をセットされたご契約のお車に搭乗中の場合のみ補償されますのでご注意ください。

「三井ダイレクト損保の自動車保険 快適活用術」でも解説していますので、こちらもご覧ください。


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C2.4.1.3