ページID:B2.2.1.3

バイク保険 人身傷害補償特約

ここがポイント

  • ご自身や同乗者、ご家族が自動車事故で死亡、またはケガをした場合に、保険金をお支払いします。
  • 相手方との示談交渉を待たずに、保険金のお受け取りが可能なので安心です。
  • 歩行中などの自動車事故も補償できる「一般タイプ」と、ご契約のバイクに乗車中の事故のみ補償する「搭乗中のみタイプ」があります。

人身傷害補償特約とは?

自動車事故によりご自身や、ご契約のバイクに同乗していた方が死亡、またはケガをした場合に、治療費や休業損害、精神的損害など(注)の保険金をお支払いする保険です。

ご契約のバイクに乗車中の人が事故でケガをした
自分や家族が歩行中に車にひかれた
(一般タイプのみ)

相手方との示談交渉を待たずに、保険金のお受け取りが可能です

相手方のある事故の場合、相手方からの賠償金のお支払いは、基本的には示談完了後となります。
そのため、場合によっては保険金のお支払いに時間がかかることがありますが、人身傷害補償特約をセットしていれば、示談交渉の結果を待たずに保険金のお受け取りが可能となります。

人身傷害補償特約には「一般タイプ」と「搭乗中のみタイプ」があります

人身傷害補償特約ご契約タイプ別の主な補償範囲

保険の種類 ご契約のバイクに乗車中の事故 他人のお車乗車中や歩行中の自動車事故
単独事故 単独事故以外
一般タイプ
乗車中の方全員

乗車中の方全員

記名被保険者とそのご家族のみ

記名被保険者とそのご家族のみ
搭乗中のみタイプ
乗車中の方全員

乗車中の方全員
× ×

「一般タイプ」は記名被保険者とそのご家族等の歩行中などの自動車事故の補償もでき、幅広くおケガに対する損害をカバーできます。
「搭乗中のみタイプ」は補償範囲をご契約のバイク乗車中に限定した内容です。補償範囲を限定することで保険料が節約できます。

保険金額の設定について

人身傷害補償特約は3,000万円から無制限まで設定できます。(1,000万円ごとの設定となります。)
保険金額の設定についてお悩みの方はこちらをご参照ください。

補償されない場合とは?

被保険者(補償の対象となる方)の飲酒運転による事故など、事故の内容、状況によっては、人身傷害補償特約の補償の対象外となるケースがあります。
詳しくはこちらをご確認ください。

飲酒運転による事故

2台以上のバイクやお車を持っている方はご注意!補償の重複について

ご家族のお車を含め、2台以上のバイクやお車をお持ちの方にご注意いただきたい内容です。ご契約のバイク以外のバイク・お車の保険にも人身傷害補償特約、もしくは人身傷害保険「一般タイプ」をセットしている場合、人身傷害補償特約において補償の重複が生じることがありますのでご注意ください。
補償が重複している場合は、一方のご契約を「搭乗中のみタイプ」とすることで、補償の重複が解消し、保険料が節約できます。

ただし、廃車等に伴い、補償のついているご契約を解約等されると、補償がなくなることがありますのでご注意ください。その場合は、残りのご契約のうちの1つに補償を追加するお手続きする等、廃車やご家族の状況変化(同居から別居への変化等)等に応じ、ご契約内容の見直しをお願いします。

ご検討中のお客さま

重要書類のご案内

バイク保険のパンフレット・重要事項説明書・約款のしおり(普通保険約款・特約)・ロードサービスご利用規約はこちらからご覧いただけます。

パンフレット・重要書類

お探しのページは見つかりましたか?

ページトップに戻る