代理店型とダイレクト型自動車保険の違い

2種類の自動車保険

自動車保険の主な加入方法は「ダイレクト型」と「代理店型」があります。
ダイレクト型はインターネットや電話などを通して、お客さま自身が保険会社と直接、契約・更新・変更などの手続きを行える保険です。
代理店型は保険会社が特定の店舗を有し、店舗やご自宅などで担当者と相談をしながら手続きを行える保険です。
それぞれの保険会社のメリットを確認してみましょう。

ダイレクト型

お客さまと保険会社がインターネット、電話、郵便の利用を通じて直接ご契約
  • インターネット等の利用を通じて中間コストを省いているため、保険料が割安です。
  • インターネットの環境があれば時間や場所を気にせずに好きなときに保険契約や車両入替等ができるのでとても便利です。
  • 不明点はコンタクトセンターに電話をすることでくわしい説明が受けられるので安心です。

代理店型

お客さまと保険会社が代理店を介してご契約
  • 代理店の担当者と直接会って契約をするため、不明点の説明を求めることができ、顔が見えるという安心感があります。
  • 自動車の販売店が保険代理店契約をしている場合も多く、車の購入と同時に保険の手続きをする事ができます。

自動車保険料はどう違うか?

保険料は一般的にダイレクト型の方が安くなるといわれています。
その理由はまさにお客さまと保険会社がダイレクトにやり取りをできることにあります。
通常、代理店型の保険会社は店舗を通して契約手続などを行うため、代理店へ支払う手数料をはじめ、人件費やその他諸費用が発生してしまいます。
対してダイレクト型の保険会社は上記のような費用が発生しないため、お客さまへ合理的な保険料で商品を提供することができます。

事故対応はどう違うか?

一般的な事故対応の流れ

  1. 事故の受付

    まずは事故受付センターなどで事故のご連絡を承ります。

  2. 初期対応

    事故受付後、保険会社にて担当者を選定し、相手方への連絡や、病院への治療費請求依頼をするなどの初期対応を行います。

  3. 示談交渉と損害確認(賠償額の算出)

    双方に過失がある事故対応については、示談交渉は一般的に、保険会社の担当者同士が行います。また、示談交渉と並行して、賠償額を算出するためにお車などの損害確認作業も行います。損害確認は保険会社の事故担当者やは専門の鑑定人が行うことが一般的です。

  4. 保険金のお支払い

    示談交渉が完了し、賠償額が決定したら保険金のお支払いが行われます。

ダイレクト型と代理店型自動車保険の事故対応対応の違い

事故対応の内容はダイレクト型と代理店型自動車保険の間で違いはないと言われています。
一般的に、双方に過失がある事故対応については、過失割合や賠償額の決定といった示談交渉は保険会社の担当者同士が行います。過失割合を検討・判断する際は通常、事故の類型・形態ごとの「基本過失割合」を確認したうえで、事故状況の詳細を確認し、必要に応じて基本過失割合に修正を加えていく方法がとられます。そのため、保険会社によって交渉内容が大きく変わることはありません。

ただし、ダイレクト型と代理店型では対応の窓口が異なる場合があります。
ダイレクト型は加入している保険会社の担当者が直接窓口となり、電話にて対応を行うことが一般的です。代理店型は、保険代理店によってはお客さまと保険会社の間に入ってサポートを行う場合もあります。

お客さまの声

見積もりはまだという方も保険料目安チェック

はじめての方はこちら自動車保険ガイド

ページID:
C5.12.2