ページID:C2.3.2

自動車保険 車両保険

ここがポイント

  • ご契約のお車が事故等で損害を受けた場合に修理費等を補償します。
  • 補償範囲の広い「一般タイプ」と限定された「限定タイプ」の2種類があります。
  • ご契約者の半数以上が車両保険をセットされており、補償範囲の広い「一般タイプ」を選ぶ方が多くなっています。

車両保険とは?

ご契約のお車が事故によって損害を被った場合や、盗難にあった場合に、修理費用等の保険金をお支払いする保険です。

「一般タイプ」と「限定タイプ」について

車両保険には「一般タイプ」と「限定タイプ」の2種類があります。
「一般タイプ」は、単独事故をはじめ、補償される事故の範囲が広く、手厚い内容となっています。
「限定タイプ」は単独事故が補償されないなど、「一般タイプ」よりも補償の範囲を限定したものとなっており、その分保険料が安くなっています。

保険始期日が2023年1月1日以降のご契約

一般タイプ 電柱、ガードレールに衝突時の単独事故 転落・転覆 相手はあるが実際には接触しなかった事故 自転車との衝突・接触 限定タイプ 火災・爆発 台風・洪水・高潮 車同士の衝突・接触または追突 盗難 落書き・いたずら ガラス破損 原付との衝突・接触 騒じょう等の暴力行為 物の飛来・落下 荷台からはみ出している積載物との衝突または接触 自動車によるあて逃げ ご契約のお車の所有者が所有する別の自動車との衝突・接触 動物との衝突・接触

保険始期日が2022年12月31日以前のご契約

一般タイプ 電柱、ガードレールに衝突等の単独事故 あて逃げ 転落・転覆 自転車との衝突・接触 相手はあるが実際には接触しなかった事故 限定タイプ 火災・爆発 台風・洪水・高潮 車同士の衝突・接触または追突 盗難 落書き・いたずら ガラス破損 原付との衝突・接触 騒じょう等の暴力行為 物の飛来・落下 荷台からはみ出している積載物との衝突または接触

ご契約者の半数以上が車両保険をセット!「一般タイプ」を選ぶ方が多いです。

車両保険セット無し46.0% 車両保険セットあり54.0% そのうち、一般タイプは71.5%
  • 2022年4月〜2023年3月始期契約、当社調べ

車両保険の免責金額(自己負担額)について

免責金額(自己負担額)とは?

車両保険で保険金をお支払いする事故が生じた場合に、お客さまに自己負担していただく金額(=修理費の自己負担額)です。

例:保険金額500万円で、修理費が100万円、自己負担額が5万円の場合 保険会社が支払う金額 95万円 お客さまの自己負担額=免責金額 5万円

免責金額のパターン

6パターンありますので、保険料や、事故が発生した際に無理なく負担できる金額とのバランスでお選びいただくことをおすすめします。
なお、契約条件によっては設定できないパターンもありますので、ご了承ください。

免責金額(自己負担額)のパターン

1回目0万円/2回目以降10万円 1回目5万円/2回目以降10万円(車対車免責ゼロ特約あり) 1回目5万円/2回目以降5万円 1回目5万円/2回目以降10万円 1回目10万円/2回目以降10万円 1回目15万円/2回目以降15万円

パターンの見方

1回目A万円(1回目の車両事故の免責金額)/B万円(2回目以降の車両事故の免責金額) 車対車免責ゼロ特約がついている場合は末尾に(車対車免責ゼロ特約あり)と記載

車対車免責ゼロ特約について、詳しくはこちら新規ウィンドウで開くをご確認ください。

補償されない場合とは?

被保険者(補償の対象となる方)の飲酒運転による事故など、事故の内容、状況によっては、車両保険の補償の対象外となる場合があります。
詳しくはこちらをご確認ください。

飲酒運転による事故

ご検討中のお客さま

重要書類のご案内

自動車保険のパンフレット・重要事項説明書・約款のしおり(普通保険約款・特約)・ロードサービスご利用規約はこちらからご覧いただけます。

パンフレット・重要書類

お探しのページは見つかりましたか?

ページトップに戻る