統計上で多い交通事故の原因は何ですか?

イメージ画像

統計上で多い交通事故の原因には、漫然運転(安全運転義務違反)やわき見運転があります。
漫然運転とは、運転以外のことに気を取られた状態で運転することで、わき見運転とは、前方から視線を外したり、よそ見をした状態で運転することです。
これらのような、ほんの少しの気の緩みが、思わぬ交通事故につながってしまいます。

  • 本ページは、当社がお客さまからいただいた自動車保険に関するご質問について、引受保険会社にかかわらず、一般的な回答を掲載しています。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.3.2.19