自転車での事故でも自動車運転免許停止処分を受けますか?

イメージ画像

自転車は道路交通法上の軽車両として同法が適用されます。自転車での事故でも、ひき逃げ等の悪質な事故の場合には自動車運転免許停止処分となった過去の事例があります。
道路交通法103条第1項8号には、自動車運転免許停止処分となるケースとして、「免許を受けた者が自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」とあります。自転車の危険な運転によって他人にケガをさせ、救護義務を怠る等した場合には、前記の条文に該当する可能性があるようです。

  • 本ページは、当社がお客さまからいただいた自動車保険に関するご質問について、引受保険会社にかかわらず、一般的な回答を掲載しています。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

  • 自動車保険のお申し込み手続きの際は、事前に過去1年間の年間走行距離・積算走行距離計(オドメーター)の値と、主に運転される方の運転免許証の色をご確認のうえ、お電話ください。
ページID:
C.5.3.2.18