洪水(自然災害)による損害

イメージ画像 洪水

1.洪水によるご契約のお車の損害を補償するには「車両保険」が必要

洪水によって、ご契約のお車が水没するようなケースに備えるには、自動車保険に車両保険をセットする必要があります。
車両保険には一般的な補償の一般タイプと、補償範囲を限定した限定タイプがあります。

2.洪水によって車が損害を受けてしまったらどうすればいいの?

洪水によって、水が車のフロア面を超えて浸水してしまったら、すぐに車を停めてエンジンを停止させましょう。エンジンの吸気口が水を吸ってしまったり、排気管が水圧で塞がれ、突然エンジンが停止してしまう場合があります。
また、水が引いた後もエンジンをかけて動かそうとしてはいけません。水に浸かってしまった車両は、一見問題がないように見えても、水がエンジンに入り込んでしまっている可能性があり、その状態でエンジンをかけると、エンジンを壊してしまったり、電気系統のショートによる感電や火災が発生したりする危険があるためです。どうしても車を動かさないといけない場合は、シフトレバーをニュートラルにし、サイドブレーキを解除してから手で押して移動させます。
車が水没してしまった場合は、お車の販売店や修理会社やロードサービスそして損害保険会社に連絡して、必要な対応を確認しましょう。
車両保険では、損害額から免責金額(自己負担額)を差し引いた金額を保険金としてお支払いします。もし、お車が損傷を修理できない場合、または修理することはできるがその修理費が車両保険金額以上となる場合は、全損となり、免責金額にかかわらず車両保険金額の全額をお支払いします。

3.洪水による被害に備えて、車両保険をセットするべき?

お車が洪水被害で水に浸かってしまった場合、シートのような革や布製品、お車に搭載の電子部品や機器等を新しいものに取り換える可能性があります。
車両保険のセットについては、ご自身が必要と考える補償の有無、事故によって発生する修理費用、車両保険を使用した際の翌年の保険料、および居住地の災害による危険性なども含めて、ご検討ください。

  • 本ページは、引受保険会社や担当行政機関にかかわらず、一般的なご説明を記載しております。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

  • 自動車保険のお申し込み手続きの際は、事前に過去1年間の年間走行距離・積算走行距離計(オドメーター)の値と、主に運転される方の運転免許証の色をご確認のうえ、お電話ください。
ページID:
C.5.4.3.3