台風(自然災害)による損害

イメージ画像 台風

1.台風によるお車の損害に備えるには自動車保険に車両保険をセットすることが必要

台風による災害が起こってしまった場合にお車の損害に備えたいのであれば、自動車保険に車両保険をセットする必要があります。車両保険には一般的な補償のタイプと、補償範囲を限定して保険料を抑えたタイプがあります。
どちらのタイプでも火災や洪水、台風等が原因の車両故障の場合に補償対象になるケースが大半です。しかし、同じ自然災害でも地震、噴火、津波による損害については車両保険に加入していても補償は受けられません。
また、車両保険では実際の損害に応じた修理金額から、免責金額(自己負担金額)を差し引いた金額を保険金としてお支払いします。もし、エンジンまで水や土砂に浸かってしまい修理不能となった場合や修理代が保険金額を超えた場合は全損となります。
全損になった場合は免責金額にかかわらず車両保険金額の全額をお支払いします。

2.台風による損害は「車両保険」でどこまで補償されるの?

一口に台風による損害といってもさまざまなケースが考えられます。ここでは具体的に台風によりお車が損害を受けた場合の「車両保険」の補償範囲を説明します。なお、一般的なケースの説明になりますので、詳細は保険会社にお問い合わせください。

台風による損害の具体例 補償対象
a.台風によるご契約のお車の水没
b.台風によりご契約のお車が他人の車に損害を与えた場合 ×
c.台風による土砂災害でご契約のお車が損傷した場合
d.台風による風で飛来した物がご契約のお車にぶつかった場合

  • 台風によるご契約のお車の水没→○補償対象
    台風による豪雨、洪水や高潮などにより、道路や駐車場が冠水し、ご契約のお車が水没した場合、車両保険の対象になります。
  • 台風によりご契約のお車が他人の車に損害を与えた場合→×補償対象外
    車両保険の補償対象はご契約のお車なので、他人の車は対象外です。なお、対物賠償保険は、台風による損害を補償対象外にしていることが一般的です。
  • 台風による土砂災害でご契約のお車が損傷した場合→○補償対象
    台風が原因の土砂災害により、ご契約のお車が損傷した場合、車両保険の対象になります。
  • 台風による風で飛来した物がご契約のお車にぶつかった場合→○補償対象
    台風接近時には強風や暴風により瓦や看板等の飛来物が飛んできて車にぶつかることがあります。このような場合、車両保険の対象になります。

3.「車両保険」をセットするべきかどうか

車両保険には一般的な補償のタイプと、補償範囲を限定したタイプがあります。台風による損害については、どちらのタイプでも保険金支払いの対象になるケースが大半です。
もし、台風による損害を受けて車両保険を使った場合には、翌年の自動車保険加入時の等級は1等級下がり事故有係数適用期間が1年加算され保険料が上がります。
しかし、台風等の自然災害によりお車に被害が発生しても国や自治体からの補償は基本的にありません。車両保険のセットについては、ご自身が必要と考える補償の有無、事故によって発生する修理費用、および車両保険を使用した際の翌年の保険料なども含めて、ご検討ください。

  • 本ページは、引受保険会社や担当行政機関にかかわらず、一般的なご説明を記載しております。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.4.3.1