車両保険

車両保険とは

車両保険は、ご契約のお車が事故によって損害を被った時や盗難にあった時に保険金をお支払いする保険です。
ご契約のお車が衝突・接触等の事故で壊れたり、火災・盗難等にあったりして損害を受けた時に保険金をお支払いします。ご契約のお車に定着(ボルト・ナット等で固定されている状態)または装備されている付属品も対象となります。

車両保険の種類には補償の範囲によって異なる2つのタイプ(一般タイプと限定タイプの2種類)があります。

  • 車両保険はお車の型式や初度登録年月(軽自動車の場合は初度検査年月)、車両価額等によってはお引き受けできない場合があります。

車両保険のタイプ

車両保険は「一般タイプ」と「限定タイプ」の2つから選択いただけます。「限定タイプ」は「一般タイプ」よりも補償の範囲を限定したものとなっており、その分保険料が安くなっています。

補償の範囲 限定タイプは火災・爆発 台風・洪水・高潮 車同士の衝突・接触または追突 盗難 落書き・いたずら・ガラス破損 原付との衝突・接触 騒じょう等の暴力行為 物の飛来・落下 荷台からはみ出している積載物との衝突または接触となります。一般タイプは、限定タイプに追加して、電柱、ガードレールに衝突等の単独事故 あて逃げ 転落・転覆 自転車との衝突・接触 相手はあるが実際には接触しなかった事故が補償されます。

お支払いする保険金

全損(注)の場合

免責金額にかかわらず車両保険金額の全額をお支払いします。

  • 上記とは別枠で、盗難車引取り、運搬、仮修理、損害の発生または拡大防止のために要した費用等の合計金額につき車両保険金額の10%または15万円のいずれか高い額を限度にお支払いします。
  • 「全損」とはお車の損傷を修理できない場合、または修理することはできるがその修理費が車両保険金額以上となることをいいます。
車両全損時臨時費用保険金
  • ご契約のお車が全損となった場合は、車両保険金額の10%(ただし20万円を限度)を車両全損時臨時費用保険金としてお支払いします。
    • 車両保険金額150万円で全損となった場合
150万円/車両保険金 + 15万円(150万円×10%)/車両全損時臨時費用保険金 = 165万円

分損の場合

損害額から免責金額(自己負担額)を差し引いた金額をお支払いします。

  • 上記とは別枠で、盗難車引取り、運搬、仮修理、損害の発生または拡大防止のために要した費用等の合計額につき車両保険金額の10%または15万円のいずれか高い額を限度にお支払いします。

補償されない主な場合

  • ご契約者、被保険者または保険金を受け取るべき方の故意または重大な過失により生じた事故による損害
  • 戦争、外国の武力行使、革命、反乱、紛争、核燃料、放射能等によって生じた損害
  • 地震、噴火、津波(地震、噴火による)による損害
  • 国・公共団体の公権力の行使、詐欺・横領による損害
  • レース・ラリー等の競技・曲技、試験に使用すること、または、これらを行うことを目的とする場所において使用することによって生じた損害
  • 危険物を業務として積載または牽(けん)引していることによって生じた損害
  • 航空機、船舶で輸送中の損害
  • 欠陥、自然消耗(摩滅・さび・腐しょく等)による損害
  • 故障(電気的、機械的故障)による損害
  • 取り外された部品や付属品の損害、定着されていない付属品、タイヤ(チューブを含みます)のみに生じた損害
  • 酒気を帯びた状態、無免許、麻薬吸引等の状態での事故による損害

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

  • 自動車保険のお申し込み手続きの際は、事前に過去1年間の年間走行距離・積算走行距離計(オドメーター)の値と、主に運転される方の運転免許証の色をご確認のうえ、お電話ください。
ページID:
C2.3.1.1