日本カーシェアリング協会

交通事故防止

車を手放せない高齢者の厳しい現実

高齢者の方による、自動車事故のニュースが後を絶ちません。日本の多くの地域では自動車が生活に必要不可欠です。一部の都心を除いて公共交通網は十分でなく、毎回タクシー移動ではお金の負担が少なくありません。そのため、ご高齢の方が自身の運転に不安を感じながらも、やむなく運転を続け不幸にも事故が発生する、ということが起き続けています。

地方で暮らすのに、車は欠かせない移動手段

免許返納後も幸せに暮らせる地域をつくる『コミュニティ・カーシェアリング』

そんな人たちの生活を支えていくため、私たちは震災後の宮城県石巻市で、ご近所さん同士でルールを作り、車を共同で利用し、交通弱者の外出支援や乗り合いでの買い物や旅行などを行う「コミュニティ・カーシェアリング」という活動を行っています。

コミュニティ・カーシェアリングで車を運転するのは、地域のボランティアさん。共用の車を使ってお出かけが企画されているほか、買い物や病院への外出支援などが行われています。気心知れた地域の方が運転してくれるため、気軽にお願いでき車内の会話も弾みます。移動手段がなく引きこもりがちだった方の外出のきっかけにもなっています。


地域のボランティアドライバーさんによる外出支援の様子

相乗りのお出かけはいつも楽しいお話で盛り上がります


「免許返納後の不安はありますか?」と活動の参加者に聞いたところ「カーシェアがあるから大丈夫だっぺ。」と嬉しい声をいただきました。この取組を通じて、ご高齢の方が起こす悲しい事故が減り、何歳になっても友人に囲まれ、気軽にお出かけできる地域社会を作っていけたらと思っています。


相乗りはピクニックに出かけるかのよう

ご近所の皆さんと交流が広がっていきます

寄付金の使い道

コミュニティ・カーシェアリングはコーディネーターが伴走的にサポートしながら導入を進めていきます。例えば地域の調整、説明会の開催、車両を持ち込んだテスト運行の実施、本格運行後の運営等のサポートを行いながら地域の自立運営を導くのです。
いただいた寄付金は、こうしたコーディネーターの担い手を育成し、コミュニティ・カーシェアリングを全国各地でスムーズに導入するために活用させていただきます。

私たちは高齢者の事故を減らし、交通弱者の問題を解決するこのコミュニティ・カーシェアリングを、必要としているすべての地域がチャレンジできる環境をつくる、というビジョンを掲げています。そのために皆様からの寄付金の力を借りて、この取組をさらに広げていければと考えています。


石巻市内の離島でカーシェアリング

カーシェアリングで旅行にも行きます

団体からのメッセージ

この度は私たちの活動をご覧いただき、誠にありがとうございます。
東日本大震災後の石巻の仮設住宅で生まれた、車を共同利用し助け合いを生む「コミュニティ・カーシェアリング」の取組は、今全国に広がりつつあります。そして、この活動に取り組む方々からは「私の第二の人生が始まったよ」といった喜びの声が続々と届いています。年齢を重ね運転するのが不安になったとき、この仕組みが根付いていれば、免許を返納しても安心して生活していけるはずです。悲しい交通事故が減り、交通弱者でも気軽に楽しく外出できる社会になるように。今後とも私たちの活動を応援していただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

日本カーシェアリング協会 スタッフ

団体紹介

石巻発、寄付車でつくるやさしい未来 日本カーシェアリング協会 Japan Car Sharing Association

一般社団法人 日本カーシェアリング協会

東日本大震災直後の宮城県石巻市で発足した非営利団体。多くの車が津波により流失した石巻市で、全国から車の寄付を集め、仮設住宅に住む住民同士で車を共同利用するコミュニティ・カーシェアリングの活動をはじめる。現在は、移動に課題を抱える地域にむけたコミュニティ・カーシェアリングの導入サポートや、寄付車を活用した生活困窮者への車の貸出、災害時の車の無償貸出などの支援活動を行っている。

今すぐ投票する


ご契約内容の確認、継続・変更等の各種手続きに

お電話でのご継続手続きはこちら

お客さまセンター

0120-312-645
※海外・IP電話から 047-631-2612(有料)

平日9:00〜20:00
/ 土日祝9:00〜18:00

  • eドライバー保険はインターネット専用商品のため、お電話ではお手続きいただけません。Myホームページよりお手続きください。
ページID:
P3.1.5