中央共同募金会(赤い羽根共同募金)

復興支援

活動内容紹介

赤い羽根共同募金は、社会福祉法に基づき、全国の都道府県ごとに設置された「共同募金会」により行われる民間の募金運動です。お寄せいただいたご寄付は、その都道府県、市区町村でさまざまな地域の課題解決のために役立てられます。

近年、我が国の各地で自然災害が多発するなか、共同募金会では普段からの地域のつながりを活かして、災害ボランティアセンターの運営や地域を基盤とした住民同士の支えあい活動の支援を行っています。


被災した家屋から土砂や家財を運び出す様子

汚損した家屋の壁の撤去を行っている様子


また東日本大震災以降、災害被災地においては、支援活動を行うボランティアグループ・NPOが果たす役割が大きくなっています。
このような背景から、中央共同募金会では被災地で活動するボランティアグループやNPOの活動を資金面から支援する「災害ボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ)」を設置、募金及び助成を行っています。


地震で被害を受けた屋根瓦の補修を行っている様子

避難所の被災者とボランティアの様子

災害時はもちろん、防災・減災にも役立てられます

災害ボラサポは、被災地でのボランティアグループやNPOによる緊急救援や生活支援等の活動を支えるための支援金です。
近年、台風や地震などで被災した住民の皆さんのなかには、住宅が被災して避難生活を余儀なくされる方、避難生活で疲弊される方、仮設住宅等新しい環境への移転に伴い地域とのつながりを失った方など、様々な課題を抱える方がいらっしゃいます。
災害ボラサポに対するご寄付金は、例えば住宅への浸水で床上・床下に入った泥を掻き出す活動、慣れない避難所生活による心身の疲労を和らげる傾聴活動や生活相談事業、仮設住宅での暮らしにおいて、孤立を防ぎ新たなつながりを作るためのサロン活動などの費用に役立てられます。
また、このような災害時の支援に加え、地域における防災訓練や避難生活体験、災害ボランティアの人材を育成する活動や、災害に備えて平常時からネットワークを構築する活動など、地域の防災・減災力向上のための活動にも役立てられています。


浸水した農機具の片付けを行っている様子

農業ボランティアによる泥で汚れたりんごの選別や収穫の様子


避難所で過ごす被災者の健康維持のための鍼灸マッサージの様子

ボランティアが集まり、現地の情報を共有する会議を行っている様子

団体からのメッセージ

皆さまからのご寄付によって、災害時のボランティアグループやNPOの支援活動に迅速に役立てさせていただきます。緊急時から、復旧、復興期まで、切れ目なく息の長い支援が可能となります。
災害ボラサポが大切にしていることは、ボランティア団体が、被災地の住民の方々と協力しあって、住民の皆さん自らの主体的な助け合い活動による復興です。
また、大きな災害が日本全国どの地域でも起こりうるなかで、安心して暮らしていけるような地域づくりのために、皆さまご自身の地域の防災・減災力を向上するような活動にも役立てさせていただきます。
皆さまのご参加をお待ちしています。

ボランティア活動終了後のひと時

団体紹介

災害ボランティア・NPO活動 サポート募金

社会福祉法人中央共同募金会

中央共同募金会は、全国47都道府県共同募金会の連合体で赤い羽根をシンボルとする共同募金運動の全国的な企画、啓発、宣伝、調査研究、都道府県共同募金会の支援等を行っています。
共同募金は、民間の「たすけあい」運動として戦後直後の1947年に市民が主体の取り組みとしてスタートしました。その後、1951年に社会福祉事業法の制定により、共同募金の連合会の設立が規定され、1952年に社会福祉法人中央共同募金会として認可されました。

今すぐ投票する


ご契約内容の確認、継続・変更等の各種手続きに

お電話でのご継続手続きはこちら

お客さまセンター

0120-312-645
※海外・IP電話から 047-631-2612(有料)

平日9:00〜20:00
/ 土日祝9:00〜18:00

  • eドライバー保険はインターネット専用商品のため、お電話ではお手続きいただけません。Myホームページよりお手続きください。
ページID:
P3.1.7