働く環境(各種制度)

三井ダイレクト損保では、日本一「働きやすい会社」をめざし、働き方改革に全社を挙げて取り組んでいます。
また、休暇制度や子育て支援制度を充実させ、社員のワーク・ライフバランスを大切にしています。

以下でご紹介のほか、財産形成貯蓄、社員持株会、社員団体保険など充実した福利厚生制度もあります。

休暇制度が充実しています

三井ダイレクト損保には、充実した休暇制度があります。
年次有給休暇:20日/年(20日を限度に繰り越しで最大40日)のほか、夏期休暇:連続5日/年、フレッシュアップ休暇:連続5日/年、アニバーサリー休暇:2日/年などがあり、夏期休暇、フレッシュアップ休暇、アニバーサリー休暇の100%取得と、月1日以上の計画的な休暇取得を推奨し、メンバーで助け合いながらチームワークを最大限に発揮して働いています。
また、2017年10月より時間単位年次有給休暇を導入し、育児、介護、通院、公的手続きなど社員一人ひとりの多様な事情に応じて、より柔軟に休暇を取得できる環境を整えました。
休暇取得により創出された「ゆとり」の時間を、自己研鑽や心身のリフレッシュ等に充てることで、仕事もプライベートも充実させてイキイキと働く社員が多いです。

休暇の一例 年次有給休暇 20日/年 ※初年度は15日※20日を限度に繰り越し,夏季休暇 連続5日/年,フレッシュアップ休暇 連続5日/年,アニバーサリー休暇 2日/年,半日休暇 6回/年,時間単位年次有給休暇 年次有給休暇のうち35時間/年 ※2017年10月新設

子育て支援にも力を入れています

仕事と子育てを両立するための制度もしっかりと整っています。
女性社員が出産休暇を経て育児休業を取得する取得率は100%で、育児休業を取得したあとの復帰率も100%です。
(2017年12月現在。過去5年間)
また、男性の育児参画も推奨し、男性社員も約4割が育児休業を取得しています。(2015年度・2016年度実績)
さらに、時短勤務など職場復帰後の両立支援制度はお子さんが小学校3年生の年度末まで利用することができます。
各種制度を利用して、子育てをしながら働き続ける社員がたくさんいます。

出産休暇(産前産後休暇)それぞれ8週間 ※有給休暇,育児休業 最長2歳になるまで,子の看護休暇 5日/年,育児時短勤務 3年生の年度末まで,時間外勤務の免除・制限 3年生の年度末まで,勤務時間の繰上げ・繰下げ 3年生の年度末まで

「子育てサポート企業」としてくるみんマークを取得しました

くるみんマークとは、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣から認定を受けた企業だけが使用することができるマークです。当社も、労働時間の短縮・有給休暇取得の推進などによる環境整備やワークライフバランスの実現に向けた意識改革などの取組みが認められ、2015年にくるみん認定を受けました。今後も引き続き、仕事と子育てを両立させ、全ての社員が誇り高く安心して長く働き続けられる環境を整備していきます。

新くるみんマーク 星1つ
ページID:
K7.2.5.2