三井ダイレクト

愛犬と楽しむドライブ特集!!

今年も残りあとわずか。年末年始の帰省や旅行に、今年は愛犬も 連れて行ってみませんか?今回は愛犬をドライブに連れて行っても 失敗しないノウハウや、知って得する情報をお届け。 愛犬との楽しいドライブに出かけましょう!!

1.愛犬と楽しくドライブするためのノウハウ

すでに何度もドライブを経験している愛犬なら良いですが、まだまだクルマに
不慣れなわんちゃんも多いでしょう。楽しいドライブにするために、わんちゃん
も、そして飼い主さんも、慣れと予備知識が必要です。「クルマに乗せるのは
病院に連れて行く時だけ」なんていうご家庭では、わんちゃんにとって、クル
マは怖いものと感じているかもしれません。運転中の愛犬のいたずら、見知ら
ぬ土地でのトラブルはとっても危険。いきなり遠出はせず、まずは数十分
程度の短い運転で、愛犬とドライブする練習を始めましょう。

Point1 車酔いは慣れて解消。食事は2〜3時間前に。

最初は車酔いをしてしまうかもしれません。でも車酔いは慣れれば解消することも多いので、 短
い距離から少しずつ慣れさせてみましょう。最初は近場の公園などへドライブ。出かけた先で遊
ばせてあげると、クルマに乗ることがキライじゃなくなりますよ。また、満腹だと酔いやすいので、
食事は2〜3時間前には済ませておきましょう。もちろんがんばるのは愛犬だけでなく、運転手
さんもいつも以上に急加速・急減速などがないよう、丁寧な運転を心がけましょう。それでも
車酔いがひどい場合は、お医者さんに行って、酔い止めを処方してもらうとよいでしょう。

Point2 前日までに予防接種やノミ・ダニ対策!!

旅行前に行っておくことは他にもあります。見知らぬ土地、
アウトドアに連れて行けば、ノミやダニをもらってしまう可
能性も上がります。また、地域特有の病気もあるので、
ノミ・ダニ対策や予防接種も済ませておくと安心
です。

Point3 出発前はトイレも忘れずに

当日出かける前までに、ブラッシングをし
ておくと、無駄な抜け毛を防げます。また、
乗車前にはトイレも。しない場合はムリを
せず、代わりに早めの休憩を心がけましょ
う。そうでなくても1〜2時間に一度は休
をいれてあげると良いでしょう。

Point4 わんちゃんは暑さが苦手。置いてきぼりも厳禁!!

犬は種類にもよりますが、寒さには強くても暑いのは苦手です。空調は
涼しめに。駐車場で車内に置いてきぼりというのも避けたいところです。
走行中は窓を少しだけ開けて換気してあげると良いですが、パワーウィ
ンドースイッチを押して窓を開けてしまわないようロックしておくことも必
要。また、万一にも飛び出したりしないよう、シートベルトにつなげられる
ハーネスでつないだり、ドライブボックスに入れたりしておきましょう。

Point5 リードはクルマから降りる前に

クルマから降りるときには、飛び出さないようドアを開ける前にリードを付けてから。そのためにも出発前にリードを車内
に用意しておきましょうね。それと、万一はぐれてしまった場合に備え、迷子札も忘れずに

2.持って行きたい愛犬グッズ

愛犬と旅行をするにあたって、持って行きたいグッズを集めてみました。

迷子札

万一旅先で愛犬とはぐれてしまったら! そんな事態に備えて首輪には迷子札は必ず付けて おきましょう。迷子札のバリエーションは色々。 好みのものを見つけてください。

水飲みやフードトレイ

出先では水を飲む場所が見つからないことも しばしば。そこで便利なのが携帯タイプの水飲み。 ノズルをなめると水が出るものや、トレイがセットされている タイプなど様々なので、使いやすいものを選びましょう。 さらに折りたたみ式の携帯フードトレイも。 出先でエサをあげるときに重宝します。

ウェットティッシュ

外で遊んだ愛犬を再びクルマに乗せるときや、 ホテルに入るときの足拭きや、目ヤニ取り、 おしり拭きなどあると便利なウェットティッシュ。 なめてしまっても大丈夫なタイプを選びましょう。

消臭&虫除け

スプレーすればニオイも 抑えられて虫除けにもなる 便利なスプレー。車内や お部屋、愛犬グッズに 使っても効果的にニオイ を抑えられます。植物 由来の成分で体にも安心。

マナー用品

お出かけに限らず普段の散歩から使えるマナーバッグ。リードに装着できるタイプならば持ち運びも便利。デザインも色々あるので、好みのものを探してみては。さらにマナー袋も一緒に携帯しておけば、いつでも安心です。

ペットセーフティーハーネス

運転中の急ブレーキなど、万一の時に愛犬の 安全を守るセーフティーハーネス。 いわゆる、わんちゃん専用のシートベルト。 そのままリードを付けることも可能です。

ドライブシート

愛犬をクルマに乗せる前に、座席の上に専用のシートを掛けると、 無駄な毛埃や予期せぬ汚れから愛車を守れます。助手席や後席に 付けるタイプがあるので、好みのタイプを選びましょう。

ソフトドライブケージ

ケージごとシートベルトで固定できるソフトタイプ のケージ。車外でもそのままケージとして利用でき ます。上面と側面に開口部があるので、クルマから 降ろすときも便利。 中にはリードもあるので、 不意な飛び出しも防げ、 シートに付けたまま折り たたむことも可能です。

ドライブボックス

ワイヤー構造でしっかりした作りのドライブボックス。 ボックスごとシートベルトで固定できます。 中にはシーツを固定でき、さらに 防水加工でお手入れも簡単。上部は 開いていますがリードがついている ので飛び出す心配はありません。

このほかにも、トイレットペーパーや新聞紙、 トイレシートなどトイレ関係に必要なものは多めに。 また、普段から使い慣れたマットなどを持参すると わんちゃんが安心します。同じ理由で、いつもの ドッグフードも持って行くと、わんちゃんが緊張して 食事を食べなかったときに役立ちます。

3.ドッグランのあるサービスエリア

最近は愛犬を連れての旅行者が増えているので、ドッグランや犬用の水飲み場、
フンの始末ができる専用ゴミ箱などを用意した高速道路のサービスエリアもある
んです。東名高速の足柄サービスエリア(下り)にはドッグカフェもオープン。ここ
ではそんな愛犬用施設のあるサービスエリアの中から選りすぐりドッグラン
のあるサービスエリア・パーキングエリアを集めてみました。
せっかく休憩するなら、愛犬も楽しめるサービスエリアに寄ってみてはいかがで
しょう。クルマに乗ると楽しいところに行けると思えば、わんちゃんはもっと
ドライブが好きになりますよ。

説明写真

4.愛犬と泊まれる宿

せっかくなら愛犬と一緒に泊まりで旅行にも行きたいもの。そんなとき頼りになるのが、ペットも泊まれるホテル
三井ダイレクトが新しく始めたご契約者さま専用「クルマ生活応援サービス」を使えば、愛犬と泊まれる宿に、会員専用
価格で宿泊できちゃいます

長野の豊科にある貸別荘コテージ「ほりでーゆ〜四季の郷」は6名1室で1名2,975円〜。オーシャンビューの楽しめる
「ヴィラージュ伊豆高原」は5名1室で1名3,800円〜など、お得なお宿がいっぱい。(2010年10月31日時点)

ほりでーゆ〜四季の郷・ヴィラージュ伊豆高原

「クルマ生活応援サービス」は以下のボタンから三井ダイレクトの「ご契約者向けサービス」ページにアクセスし、
「Myホームページ」にログイン。「クルマ生活応援サービス」で「国内の宿」の「目的に合わせて選ぶ」の中から
「わんこと一緒に泊まれる宿」が選べます。ぜひ活用してお得で楽しい旅行をご満喫ください。