視覚も食欲も 大満足! 全国紅葉ドライブルートガイド 特集1 もみじや楓、ブナなど落葉樹が美しい絶景紅葉道路情報 特集2 おなかも満足! 紅葉と一緒に楽しめるグルメ情報
特集1 もみじや楓、ブナなど落葉樹が美しい絶景紅葉道路情報 北から南までクルマで走りながら、その美しさを堪能できる全国10路線をご紹介していきます。 残暑もようやく峠を越え、次第に涼しくなってきました。これから冬を迎えるまでの季節は過ごしやすく、天候も安定しているなど行楽に最適なシーズンです。山々では楓やブナといった落葉樹、カラマツなどの針葉樹が次第に色づき、北海道から九州までその土地ならではの鮮烈な風景を描き出します。ここではそんな紅葉が楽しめる紅葉ドライブルートを紹介していきます。ただ、紅葉の進み具合は気温や天候によって大きく左右されますから、事前にしっかり情報を入手してから出かけることをオススメします。
北海道 国道273号線/北海道
  • 見頃: 9月中旬〜10月上旬
  • 通行料: 無料
  • 営業時間: 通年
  • 問い合わせ先: 層雲峡観光協会
  • 電話番号: 01658-2-1811

帯広から紋別へと至る200kmあまりの長距離国道。抜群のシチュエーションを誇るルートの中でもハイライトといえるのが、糠平湖から標高1150mの三国峠を経由し大雪湖、層雲峡へと至る中央部分。日本離れした雄大な景色はまさに絶景といえます。クルマを駐めて層雲峡周辺を散策するのもオススメです。

東北 月山花笠ライン/山形県
  • 見頃: 10月中旬〜11月上旬
  • 通行料: 無料
  • 営業時間: 通年
  • 問い合わせ先: 月山朝日観光協会事務局
  • 電話番号: 0237-74-4119

山形県のほぼ中央に位置し日本百名山のひとつにも数えられる月山。その麓を走っている国道112号線(月山花笠ライン)は「日本の道100選」にも選ばれています。紅葉の時期にはナナカマドなどの低木が色づき、月山や月山湖周辺を赤や黄色に染め上げます。旧道となる「六十里越街道」もオススメです。

関東 日塩もみじライン/栃木県
  • 見頃: 10月中旬〜11月中旬
  • 通行料: 600円(普通車)
  • 営業時間: 7:00〜19:00(時間外無料)
  • 問い合わせ先: 日塩もみじライン 塩原料金所
  • 電話番号: 0287-32-3370

栃木県の2大名湯、鬼怒川温泉と塩原温泉を結ぶ全長約28kmの高原道路。秋になるとその名の通りもみじを中心とした落葉樹による紅葉に包まれる。コースには展望台がもうけられているほか、周辺のスキー場では紅葉時期に合わせてロープウェイを営業。山頂からはより雄大な景色を楽しむことができます。

甲信越 上高地乗鞍スーパー林道/長野県
  • 見頃: 9月下旬〜10月下旬
  • 通行料: 無料
  • 営業時間: 冬期閉鎖あり
  • 問い合わせ先: アルプス観光協会
  • 電話番号: 0263-94-2221

長野県・奈川温泉から乗鞍高原温泉を経て白骨温泉へと至るルート。林道と名前がついていますが、舗装されているので乗用車でも安心して走行できます。また、自家用車での走行はできませんが乗鞍エコーラインの紅葉も必見。乗鞍高原温泉からバスやタクシーなどの公共交通機関で訪れることが可能です。

北陸 白山スーパー林道/石川県〜岐阜県
  • 見頃: 10月上旬〜11月上旬
  • 通行料: 3,150円(普通車)
  • 営業時間: 8:00〜17:00(〜11月10日)
  • 問い合わせ先: 白山林道石川管理事務所
  • 電話番号: 076-256-7341

石川県と岐阜県を結ぶ全長33.3kmの山岳有料道路ながら、観光バスの通過も可能な完全舗装&2車線道路のため快適なドライブが可能です。沿道は標高差が約850mと大きいため紅葉の移り変わりが楽しめるほか、日本の滝100選に選ばれた「ふくべの大滝」や露天風呂「親谷の湯」など見所も満載です。

東海 飛騨美濃せせらぎ街道/岐阜県
  • 見頃: 10月中旬〜11月上旬
  • 通行料: 無料
  • 営業時間: 無休
  • 問い合わせ先: ひだ清見観光協会
  • 電話番号: 0577-68-2338

岐阜県のほぼ中央部、清見町を南部に縦断する県道および国道。紅葉は北部で標高が高い西ウレ峠からはじまり、徐々に南下していくため長い期間楽しめます。見所はカラマツ林の広がる西ウレ峠、落差30mを誇るおおくら滝、楓やミズナラなどの落葉樹による色とりどりの紅葉が楽しめるこもれび広場など。

近畿 嵐山-高雄パークウエイ
  • 見頃: 11月中旬〜11月下旬
  • 通行料: 1,150円(軽・小型普通乗用車)
  • 営業時間: 8:00〜20:00
  • 問い合わせ先: 嵐山-高雄パークウエイ
  • 電話番号: 075-871-1221

京都市内から30分、渡月橋などの観光スポットでおなじみの嵐山と高雄を結ぶ10.7kmのドライブコース。ルートには景勝地、保津峡を俯瞰できる展望台や四季の花々が楽しめるフラワーパーク、愛犬と遊べるドッグランなど見どころ、遊びどころがたくさん! ETCカードを提示すれば通行料金が150円割引(軽・小型普通乗用車)になるサービスも。

中国 蒜山大山スカイライン/岡山県〜鳥取県
  • 見頃: 11月上旬
  • 通行料: 無料
  • 営業時間: 冬期閉鎖あり
  • 問い合わせ先: 蒜山観光協会
  • 電話番号: 0867-66-3220

岡山県北部の蒜山(ひるぜん)と鳥取県の大山を結ぶルート。途中にはブナの原生林が広がり、鬼女台(きめんだい)展望休憩所からは北は名峰大山の山並みを、南は蒜山の町並みを一望できます。また、付近にはジャージー牛乳でおなじみの「ひるぜんジャージーランド」や道の駅、温泉など立ち寄りスポットもたくさん!

四国 石鎚スカイライン/愛媛県
  • 見頃: 10月中旬〜10月下旬
  • 通行料: 無料
  • 営業時間: 夜間・冬期閉鎖あり
  • 問い合わせ先: 久万高原町 企画観光課
  • 電話番号: 0892-21-1111

西日本最高峰、石鎚山へ南側からアクセスする約18kmの山岳ドライブルート。天気がよければ途中にある長尾尾根展望台からは、日本の滝100選に選ばれた「御来光の滝」も遠望できます。時間に余裕があれば石鎚山登山道や麓にある面河渓の紅葉など、ゆっくりとトレッキングを楽しみたいところです。

九州 久住高原ロードパーク/大分県
  • 見頃: 10月中旬〜11月下旬
  • 通行料: 500円(普通車)
  • 営業時間: 9:00〜16:30(冬期閉鎖あり)
  • 問い合わせ先: 沢水(そうみ)料金所
  • 電話番号: 0974-76-1552

阿蘇と並ぶ九州の尾根、久住連山の南側を横断する有料観光道路。全長は約9kmと短めですが、随所に用意されている展望台と道路脇を彩る紅葉の美しさは必見。道路も高原ならではのなだらかなアップダウンで気持ちよさは抜群です。付近には久住山や阿蘇を一望できるスカイパークあざみ台などのスポットも。

特集2 おなかも満足! 紅葉と一緒に楽しめる グルメ情報 特集1で紹介したドライブルートの近くにあるグルメ情報を厳選して集めました。ご家族やご友人とお楽しみください! 秋といえば紅葉はもちろんですが、食べ物がおいしくなる季節でもあります。ナシやブドウなどの果物、キノコ類はまさに秋が旬!また、旬の美味以外にもその土地ならではの美味しいグルメも盛りだくさん。そこで特集2では特集1で紹介したドライブルートの近くにあるグルメを厳選して集めてみました。紅葉を目で楽しんだ後はおなかも満足、なんてドライブはこの季節ならではのちょっと贅沢な楽しみ方といえそうですね。
北海道 きのこたっぷり鍋祭り
  • 期間: 9/1〜11/30
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 要問い合わせ
  • 問い合わせ先: 層雲峡観光協会
  • 電話番号: 01658-2-1811

秋の層雲峡温泉グルメといえばきのこ。ビタミンやミネラルたっぷりの地場産きのこを使用した鍋は、栄養満点でヘルシー、そのうえ冷えた体を芯からぽかぽかと温めてくれるなど、この季節にまさにぴったりといえるメニューです。ホテルや旅館、飲食店が各店舗がそれぞれに特色を出しつつ、バイキング形式などで提供されています。

東北 月山山菜そば
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 要問い合わせ
  • 問い合わせ先: 月山朝日観光協会事務局
  • 電話番号: 0237-74-4119

月山のある西川町の特産物、山菜ときのこ。それをふんだんに使った山菜そばはぜひ食べておきたい一品です。月山山菜そばは一般的にイメージするそれと違い、新鮮な山の幸をたっぷりと煮込んだ鍋に、茹で上げ後冷水でシャキッと締めたそばをつけて食べる、つけ麺的なスタイル。そば本来の香りと味、鍋の美味しさと、両方を堪能できるのです。

関東 宇都宮餃子
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 要問い合わせ
  • 問い合わせ先: 栃木県観光物産協会
  • 電話番号: 028-623-3213

栃木県のグルメといえばなんといっても宇都宮餃子。飾り気のないいわゆるB級ご当地グルメですが、そのぶん餡の中身はもちろん焼き、揚げ、水など調理法もさまざま。JR宇都宮駅周辺をはじめ市内各所に数多く点在するお店が、それぞれこだわりの味を作り上げています。また、11月5日、6日には「宇都宮餃子祭り2011」も開催される予定です。

甲信越 山賊焼き
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 要問い合わせ
  • 問い合わせ先: 松本市観光温泉課
  • 電話番号: 0263-34-3000

上高地・乗鞍へのエントランスとなる松本市。グルメといえば蕎麦が真っ先に思い浮かびますが、ここではちょっと変化球で「山賊焼き」をご紹介。これは醤油ベースのたれに漬け込んで鶏肉に衣をつけて揚げたもので、竜田揚げを思い浮かべるとわかりやすいかも。ボリュームたっぷりの定食はもちろん、バンズで挟んだ「山賊バーガー」なんてメニューも!

北陸 加賀野菜
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 要問い合わせ
  • 問い合わせ先: 金沢市農産物ブランド協会
  • 電話番号: 076-208-3001

石川県といえば豊かな海の幸が思い浮かびますが、実は野菜の産地でもあります。中でも注目は昭和20年以前から現在に至るまで栽培が続けられている「加賀野菜」。夏から秋にかけては加賀れんこんやさつまいも、紅葉時期からは源助だいこんなどが収穫となります。スーパーなどでお土産として購入できるほか、市内の飲食店で味わうことが可能です。

東海 清見そば
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 要問い合わせ
  • 問い合わせ先: ひだ清見観光協会
  • 電話番号: 0577-68-2338

山間地で昼夜の気温差が大きい清見はそばの栽培に最適な土地。秋といえば新そばの季節だけに、これはぜひ食べておきたいところ。モリやザルでそばそのものを味わうもよし、地場産のイワナや山菜などと一緒に楽しむもよし、とまさに秋ならではの満足メニューです。もっとガッツリ食べたいという人にはちょっと奮発して飛騨牛がオススメです。

近畿 湯どうふ
  • 期間: 木曜定休(秋期は無休)
  • 営業時間: 11:00〜20:00
  • 金額: 3,100円〜(コース)
  • 問い合わせ先: 湯どうふ 竹むら
  • 電話番号: 075-861-1483

京都といえば和食はもちろん、気取らないおばんざいやスイーツなど、美味しいものの宝庫です。これから寒さが増す時期にオススメといえばやっぱり湯どうふ。嵐山、天竜寺や竹林の道にほど近い竹むらでは、嵯峨豆腐の名店「森嘉豆腐」を使用。削り立ての鰹節を使用したオリジナルのダシ醤油で豆腐本来のうまみをたっぷりと味わうことができます。

中国 ひるぜん焼そば
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 500円〜
  • 問い合わせ先: 蒜山観光協会
  • 電話番号: 0867-66-3220

全国各地にB級ご当地グルメは点在していますが、ここ蒜山の名物はなんと「やきそば」。その特徴は濃厚な味噌をベースにした甘辛ダレ、噛めば噛むほど味の出る親鶏のかしわ肉、そして地元産の高原キャベツ。昭和30年代から広まり始めたというその味は、道の駅など10ヶ所の飲食店で味わうことができます。

四国 観光農園
  • 期間: 要問い合わせ
  • 営業時間: 要問い合わせ
  • 金額: 500円(リンゴ)、600円(ナシ)
  • 問い合わせ先: 久万高原町 企画観光課
  • 電話番号: 0892-21-1111

自然豊かな久万高原町には観光農園がいっぱい。紅葉の時期になればナシやリンゴがちょうど食べ頃に。凝った料理とはひと味違う自然の恵みを存分に堪能できます。また、この秋からは特産品のトマトや地場産の小麦を使ったピザ焼き体験を多くの施設で開始予定。石窯を備えた施設などもあり、本格的なピザを自分の手で焼いて味わえます。

九州 チーズフォンデュ
  • 期間: 通年
  • 営業時間: 10:00〜16:00(レストラン)
  • 金額: 3,150円(2人前)
  • 問い合わせ先: ガンジーファーム
  • 電話番号: 0120-20-4092

日本では数百頭しか飼育されていないガンジー種を飼育するガンジー牧場。レストランではその貴重なゴールデンミルクから製造した濃厚チーズを使ったチーズフォンデュを味わうことができます。同じくそのミルクを利用した自家製手作りパンにつけて食べればおいしさは格別。売店で購入できるソフトクリームは行列必至の逸品です。