30代Bさんの自動車保険の選び方と保険料
〜住宅ローンや教育費を考えて保険料を節約したい場合〜

結婚をしていて小さな子供がいる30代の人が自動車保険に入るときには、万一の事故に備えて補償を手厚くしたい一方で、子供の教育資金や住宅購入資金を貯めるために節約を心掛けなければならないケースが多々あります。また、子供が生まれたタイミングで新車を購入するという場合も多いでしょう。本ページでは、子供が生まれたばかりの30代の人が新車を購入、夫婦で1台の車を運転するケースを想定して、補償の考え方、保険料の節約法について紹介します。

プロフィール

  • 年齢・性別:32歳・男性
  • 家族構成:配偶者(31歳)、子供(0歳)
  • 車名:トヨタ プリウス

自動車保険の選び方のポイント

  • 子供が生まれたタイミングに合わせて新車をローンで購入したばかり
  • 夫婦ともに車を運転し、運転歴も長い
  • 車を使用するのは休日のレジャーや近所での買い物程度
  • 将来の住宅購入や教育費のことを考えて、保険料はできるだけ安くしたい

30代Bさんの保険料 31,860円

  • 保険料は年払保険料です。
  • お見積もり条件については本ページの下部にてご確認ください。
  • 当社では損害率の動向等に応じて保険料の見直しを随時行っており、保険料は予告なく変更となる場合があります。
  • 実際にご契約を検討される際は、各保険会社の重要事項説明書や約款のしおり(普通保険約款・特約)等を必ずご確認ください。

相手方への補償を選ぶポイント

本ページで取り上げている30代Bさんのように運転歴の長いドライバーであれば、車の運転技術にはある程度の自信を持っている人が多いでしょう。しかし、自分がどれだけ安全運転を心掛けていたとしても、事故リスクをゼロにすることはできません。相手方への補償である「対人賠償保険」「対物賠償保険」の保険金額(保険金の支払限度額)は「無制限」に設定することをおすすめします。また、事故のスムーズな解決を図るために「対物超過修理費用特約」もセットしました。

30代Bさんの相手方への補償内容

対人賠償保険 無制限 対物賠償保険 無制限
対物超過修理費用特約 あり 他車運転特約 自動セット

30代の「対物賠償保険」の保険金額

三井ダイレクト損保では、すべてのご契約に「対人賠償保険」が「無制限」でセットされます。一方、「対物賠償保険」の保険金額は選択することが可能です。三井ダイレクト損保における、30代が設定している対物賠償保険の保険金額を紹介しておきましょう。

30代の「対物賠償保険」の保険金額は、「無制限」が93.8%となっており、ほとんどの人が「無制限」での契約を選んでいることがわかります。保険料を節約するために「2,000万円」「1,000万円」といった保険金額で契約することも可能なのですが、やはり「無制限」で契約するほうがいいでしょう。

30代の「対物賠償保険」の保険金額

無制限:93.8% 2,000万円:2.8% 1,000万円:1.8% その他:1.5%
  • 三井ダイレクト損保の自動車保険契約者データより(2017年10月時点)。
  • 小数点第2位で四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります。

自分や同乗者への補償を選ぶポイント

本ページで取り上げている30代Bさんのように、結婚をしていて小さな子供がいる場合は、保険料が多少高くなってしまったとしても、万一の事故で自分や家族が死傷してしまったときの補償を手厚くしておくほうがよいでしょう。自分がケガで働けなくなってしまったり、家族がケガをして入院してしまったりしたときの収入減や治療費などに備えるためです。

本ページでは、「人身傷害保険」の「一般タイプ」を選択し、保険金額を「5,000万円」に設定しています。また、「一般タイプ」の人身傷害保険にすることで、自分や家族が歩行中や自転車運転中に自動車事故にあった場合の補償も対象になります。さらに「搭乗者傷害保険」を保険金額「1,000万円」で設定したうえで、「搭乗者傷害Wケア」をセット。搭乗者傷害保険の対象となる事故でケガをしたときの医療保険金が2倍になるほか、自分や妻が死亡もしくは重度後遺障害を負ってしまった場合には、育英費用保険金が支払われます。
なお、生命保険の保障で十分備えがある場合はセットしない選択も考えられます。ご自身でよくわからない方は、加入している生命保険会社や代理店に問い合わせしてみましょう。

30代Bさんの自分や同乗者への補償内容

人身傷害保険 5,000万円/一般タイプ 無保険車傷害特約 自動セット(2億円)
搭乗者傷害保険 1,000万円 自損事故傷害特約 なし
搭乗者傷害Wケア あり 搭傷死亡対象外特約 なし

30代の「人身傷害保険」保険金額の設定状況

三井ダイレクト損保における、30代が設定している「人身傷害保険」の保険金額の状況をまとめたのが下記のグラフです。保険金額は「3,000万円」が38.1%、「5,000万円」が27.7%となっており、ふたつを合わせると過半数を超えます。ただし、「7,000万円」「1億円」「無制限」といった、より手厚い補償で契約している人もいるので、カーライフや家計に合わせて、慎重に選択する必要があります。

30代の「人身傷害保険」の保険金額の設定状況

3,000万円:38.1% 5,000万円:27.7% 7,000万円:7.7% 1億円:10.1% 無制限:3.1% その他:4.8% 非セット:8.4%
  • 三井ダイレクト損保の自動車保険契約者データより(2017年10月時点)。
  • 小数点第2位で四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります。

30代の「搭乗者傷害保険」をセットされる率

三井ダイレクト損保における、30代の「搭乗者傷害保険」をセットされる率をまとめたのが下記のグラフです。搭乗者傷害保険をセットされる率は84.7%です。自分や同乗者への補償には、治療費など損害額の実費を補償する「人身傷害保険」だけでなく、搭乗者傷害保険も必要だと考えている人が多いようです。

30代の「搭乗者傷害保険」をセットされる率

セット:84.7% 非セット:15.3%
  • 三井ダイレクト損保の自動車保険契約者データより(2017年10月時点)。
  • 小数点第2位で四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります。

車への補償を選ぶポイント

新車をローンで購入したばかりの30代Bさんのようなケースでは、「車両保険」をセットするメリットが大きいと考えられます。なぜなら、車両保険の保険金額は時価額で設定されますが、購入後間もない新車の時価額は購入金額(税込)となるからです。万一の事故で愛車が全損になってしまったとしても、同程度の新車を購入する費用やローン残債の大部分を、車両保険の保険金だけでカバーできます。逆に、車両保険をセットしていないと、車を失ってしまったにもかかわらず、ローンだけが残ってしまうという事態に陥りかねません。

ただし、車両保険をセットすると保険料はアップしてしまいます。本ページでは、単独事故、当て逃げによる損害などが補償範囲外になりますが、保険料を節約することが可能なため、「限定タイプ」の車両保険を選択しました。また、免責金額を「5-10万円」に設定することで、さらに保険料を安くする工夫をしています。

30代Bさんの車への補償内容

車両保険 あり/限定タイプ 車対車免責ゼロ特約 なし
車両保険金額 450万円 身の回り品補償特約 なし
免責金額 1回目 5万円/2回目以降 10万円 事故付随費用補償特約 なし

30代の「車両保険」をセットされる率

三井ダイレクト損保における、30代の「車両保険」をセットされる率をまとめたのが下記のグラフです。30代では車両保険をセットされる率が60%を超え、「一般タイプ」をセットされる率が46.3%と最も多くなっています。本ページでは保険料を節約するために「限定タイプ」を選択していますが、家計に余裕があるのであれば、補償範囲の広い「一般タイプ」をセットすることも検討したほうがいいでしょう。

30代の「車両保険」をセットされる率

セット(一般タイプ):46.3% セット(限定タイプ):16.5% 非セット:37.2%
  • 三井ダイレクト損保の自動車保険契約者データより(2017年10月時点)。
  • 小数点第2位で四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります。

30代の「免責金額」の設定パターン

三井ダイレクト損保における、30代の車両保険の免責金額の設定パターンをまとめたのが下記のグラフです。「5-10万円」が59.3%と最も大きな割合を占めています。保険料を安く抑えるために免責金額を「5-10万円」に設定する人が多いようです。次に多いのは「5-10万円(車対車免責ゼロ特約あり)」となっています。

30代の「免責金額」の設定パターン

5-10万円:59.3% 5-10万円(車対車免責ゼロ特約あり):16.5% 0-10万円:10.3% 15-15万円:4.7% 10-10万円:5.9% 5-5万円:3.4%
  • 三井ダイレクト損保の自動車保険契約者データより(2017年10月時点)。
  • 小数点第2位で四捨五入しているため合計が100%にならない場合があります。

その他の補償を選ぶポイント

30代Bさんのように、保険料を安くしたいという要望があるのであれば、補償を拡大する特約のセットは慎重に行ったほうがいいでしょう。自分や家族にとって本当に必要な補償であるかをしっかりと検討してください。本ページでは、「弁護士費用補償特約」や「ファミリー傷害特約」などの補償は、すべてセットしないプランにしました。

30代Bさんのその他の補償内容

弁護士費用補償特約 なし レンタカー費用特約 なし
ファミリー傷害特約 なし ファミリーバイク特約 なし

お見積もり条件

30代Bさんのお見積もり条件

記名被保険者 32歳・男性/東京都在住 年齢条件 26歳以上補償
車/型式 トヨタ プリウス/ZVW52 運転者の範囲 本人・配偶者限定
用途車種 自家用普通乗用車 ノンフリート等級 15等級
初度登録年月 2017年10月 前契約の事故回数 なし
使用目的 日常・レジャー 事故有係数適用期間 0年
年間走行距離 3,001〜5,000km 保険始期日 2017年11月10日
運転免許証の色 ゴールド

30代Bさんの保険料の払込方法及び割引の適用

払込方法 年払 ECO割引 適用
インターネット契約割引 適用(新規契約) 新車割引 適用
eサービス(証券不発行)割引 適用 車両保険セット割引 適用

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.8.2