わき見運転による100:0の追突事故(トラブル)対応事例

わき見運転により契約者のお車が追突してしまったケースについて、事故発生から保険金のお支払いまでの流れをご案内します。

事故(トラブル)の状況

後部座席の落ちた荷物に気を取られ、ブレーキをかけるのが遅れてしまったので、信号待ちで停止中だった相手のお車に、追突してしまいました。

補償内容

車両保険(限定タイプ):150万円(免責金額5万円)
対物賠償保険:無制限

三井ダイレクト損保への連絡

Aさんは三井ダイレクト損保に電話し、事故状況と双方の車のキズの状態について伝えました。
その後、三井ダイレクト損保の事故担当者から連絡があり、詳しい状況確認や、今回補償される内容や解決までの流れ、3等級ダウン事故となり次年度の保険料がアップすること等の説明がありました。相手方に対しては、この後、おケガの確認やお車の修理について賠償にあたっての確認やご案内をするとのことでした。
今回は追突事故であり、100%Aさんに責任のある事故として対応を進めることとしました。賠償については、三井ダイレクト損保の担当者が、相手方と直接話をして解決まで示談交渉(示談代行)してくれるとの説明があり、安心しました。
Aさんは修理中に代車が欲しいと担当者に相談したところ、車の引取納車と無料代車サービスのある指定修理工場を紹介してもらうことにしました。修理の日程については、Aさんと修理先で決めて良いとのことでした。

損害額の調査

相手方の損害

相手方のお車はリアバンパーに損害があり、修理期間中に代車が必要とのことでした。三井ダイレクト損保の担当者が、相手方のお車が修理のための入庫時に、レンタカーを利用できるよう、手配しました。
バンパーはきれいに修理され、20万円の修理費用がかかりました。修理期間中のレンタカー費用は1週間で3万5,000円でした。

Aさんの損害

その後指定修理工場から連絡があり、無料代車を用意したうえで、車を引き取りに来てもらいました。
修理工場と保険会社で連絡を取り合って損害の確認をしてもらい、修理費の概算金額は15万円位ということでした。免責金額5万円を修理工場に支払い、5万円を超えた修理費は保険会社から修理工場へ直接支払ってもらうことにしました。

示談・保険金のお支払い

相手方の損害

Aさんは「修理費とレンタカー費用の確定後、三井ダイレクト損保の担当者が相手方に電話し、車両修理費20万円と修理期間中の代車費3万5,000円をお支払いすることで事故解決とさせていただく旨の了承をいただいた」との報告を受けました。示談書を作成して双方で記名捺印することは省略し、双方に解決内容を記載したお手紙が三井ダイレクト損保から届きました。

Aさんの損害

Aさんの車を修理した指定修理工場から「三井ダイレクト損保の担当者が損傷写真・請求書等を受領し、工場と三井ダイレクト損保との間で修理費用の取り決めをした」との報告があり、修理費用は直接工場へ支払うよう指示しました。

支払われた保険金

  • 車両保険:10万円
    車両修理費15万円から免責金額5万円を引いた10万円が支払われました。
  • 対物賠償保険:23万5,000円
    (車両修理費20万円+修理期間中のレンタカー費用3万5,000円)

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.4.5.2