事故を起こしたときの車の修理 自己負担と保険どちらがお得?

本ページでは、車両保険の補償内容、主な加入パターン、実際に事故でお車を修理することになった時「保険金を受け取ったほうがいいのか、自己負担したほうがいいのか」といった、車両保険のご検討にあたりポイントとなる内容を説明します。

車両保険ってそもそもなに?

自動車保険の補償は大きく二つに大別されます。一つは「加害者となった時の相手への賠償金に備える」こと、もう一つは「自分の損害に備える」ことです。「自分の損害」はさらに「自分や家族、同乗者のケガ」と、「お車の損害」の二つに分けることができます。
車両保険とは、「お車の損害」を補償するものです。
車同士の衝突など交通事故だけでなく、自然災害(地震・噴火、またこれらによる津波によって生じた損害を除く)、盗難など、大切なお車の損害をしっかり補償します。

ひとくちに車両保険と言っても補償内容はさまざま

三井ダイレクト損保の車両保険は、「一般タイプ」と「限定タイプ」、二つの種類があります。限定タイプは、以下のとおり補償の範囲を限定することで、保険料を安くしています。

[限定タイプ・一般タイプ]火災・爆発/台風・洪水・高潮/車同士の衝突・接触または追突/盗難/落書き・いたずら・ガラス破損/原付との衝突・接触/騒じょう等の暴力行為/物の飛来・落下/荷台からはみ出している積載物との衝突または接触 [一般タイプ]電柱、ガードレールに衝突等の単独事故/あて逃げ/転落・転覆/自転車との衝突・接触/相手はあるが実際には接触しなかった事故

また、あらかじめ事故の際に自身が負担する金額(免責金額)を設定しておくことで、保険料を節約することができます。たとえば三井ダイレクト損保では、何回事故があっても負担額が変わらない「定額方式」と、2回目以降の事故の負担額が1回目の事故の負担額よりも高くなる「増額方式」の2種類があります。

三井ダイレクト損保の免責金額設定パターン

1回目の事故 2回目以降の事故
増額方式 0万円 10万円
5万円 10万円
定額方式 5万円
10万円
15万円

事故を起こしたとき、「保険を使うべきか??」悩む人がいるのはなぜ?

自動車保険には「ノンフリート等級制度」というものがあります。概要は以下のとおり。

  • 等級が高いほど保険料が安くなります。
  • 1年間無事故(注1)だと、翌年の契約は等級が1つ上がります。
  • 事故を起こして保険金を請求すると、翌年の契約で等級が3つ下がります(注2)。
  • 等級ごとの割り増し引き率はこちら
  1. 保険期間が1年で、3等級ダウン事故や1等級ダウン事故がない場合。
  2. 1等級のみ下がる事故、等級が下がらない事故もあります。詳しくは、事故にあうとどうなる?〈よくあるご質問〉をご参照ください。
等級3 12%割増 等級16 52%割引 等級20 最大63%割引
  • 上記割増引率は2016年4月1日以降始期契約の割増引率(無事故の場合)であり、将来変更となる場合があります。

実際の割引率がどう変わるか、下の図とともに見てみましょう。
Aさんは13等級で1年間無事故でした。次の年は14等級になり、保険料が少し安くなりました。
Bさんは17等級ですが、3等級ダウン事故が1回ありました。この場合、保険を使わないと、18等級となり、保険料は少し下がります。一方、保険を使うと、割引率が54%から31%に下がり、保険料がずいぶんと上がります。また、同じ14等級でも事故の有無で保険料に差があることがわかります。これは、1事故につき3年間は「事故有係数適用期間」となり、同じ等級でも異なる割増引率を適用することによるものです。

[無事故(事故有係数適用期間が0年)]【Aさん:事故なし】ノンフリート等級13:割引率49% ノンフリート等級14:割引率50% ノンフリート等級15:割引率51% ノンフリート等級16:割引率52% 【Bさん:3等級ダウン事故あり保険を使わない】ノンフリート等級17:割引率53% ノンフリート等級18:割引率54% [事故有(事故有係数適用期間が1年〜6年)]【Bさん:3等級ダウン事故あり保険を使う 保険料が大きく上がる】ノンフリート等級13:割引率29% ノンフリート等級14:割引率31% ノンフリート等級15:割引率33% ノンフリート等級16:割引率36%

事故を起こしたときの車の修理 自己負担と保険どちらがお得?

翌年度以降、元の等級に戻るまで余分に支払う保険料

お車の修理費

どちらを負担する方が「お得」・・というよりも「まし」なのか、ここで悩むのです。

たとえば、お車の修理費が10万円、翌年度以降、元の等級に戻るまで余分に支払う保険料が20万円であれば、保険金を受け取らないほうが負担が少なくて済みます。

三井ダイレクト損保では、ご契約者さま向けMyホームページで、保険を使う場合と使わない場合の翌年以降の概算保険料がシミュレーションできます。ぜひご活用ください。

車両保険の補償内容をしっかり見直して、節約する!

お車の修理費によっては「保険金を受け取らないほうがいい」こともあります。たとえば10万円なら自己負担できるという場合には、免責金額を10万円に設定すると保険料が安くなります。

本ページでは「車両保険」について解説しました。万が一の事故に備えながら、節約できるところはしっかり節約したいですね。


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.4.6.2