単独事故の際の自分の補償はどうなる?自損事故と自動車保険の関係

自動車事故はすべてに相手がいるわけではありません。スピードを出しすぎてコーナーを曲がりきれずガードレールにぶつかってしまったり、自宅の車庫に車をぶつけてしまったり、当事者が自分だけの、いわゆる単独事故・自損事故を起こしてしまう可能性もあります。そのとき、自動車保険はどのように損害を補償してくれるのでしょうか。単独事故・自損事故と自動車保険の関係について解説します。

単独事故・自損事故で自分が死傷をしてしまったときの補償

まずは、単独事故・自損事故を起こし、運転者自身の身体に損害が発生したときのことを考えてみましょう。つまり、自分がケガをしてしまったり、死亡してしまったりしたときです。

自賠責保険も対人賠償保険も使えない

「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」は、自分が加害者である交通事故において、被害者となってしまった相手方の身体の傷害に対して、加害者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償するための保険です。運転者自身に発生した傷害は補償の対象外となっています。

また、自動車保険の「対人賠償保険」も同様に運転者自身には適用されません。自分が自分に賠償するということはありえません。

「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故傷害特約」が使える

それでは、自損事故・単独事故で運転者自身が死傷してしまったときに、その損害を補償してくれる保険はないのでしょうか。保険会社によって名称が異なるのですが、三井ダイレクト損保では「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故傷害特約」が、単独事故・自損事故による運転者自身の傷害を補償します。

人身傷害保険

自動車事故で運転者や同乗者が死亡・ケガ等による損害を被ったとき、過失の有無や割合にかかわらず、実損害額が保険金として支払われます。保険会社によっては「人身傷害補償保険」など他の名称であることもあります。

搭乗者傷害保険

自動車事故で、ご契約のお車に搭乗していた人が死亡、ケガなどによって損害を被った場合に保険金が支払われます。保険金は契約時に設定した金額が、定額で支払われます。

自損事故傷害特約

単独で起こした事故、相手に過失がない事故など、自賠責保険では補償されない事故で、運転者、同乗者、もしくは契約車両の保有者が死傷した場合に保険金が支払われます。死亡保険金は1,500万円など、定額で支払われるのが一般的です。ただし、人身傷害保険に加入している場合は、人身傷害保険が優先的に適用され、自損事故傷害特約からは保険金は支払われれません。保険会社によっては、「自損事故保険」などと他の名称であることもあります。

単独事故・自損事故で同乗者が死傷をしてしまったときの補償

単独事故・自損事故で同乗者(運転者以外で契約車両に乗っていた人)が死傷してしまった場合、まずは「自賠責保険」から保険金が支払われます。自賠責保険・自動車保険においては、単独事故の場合の同乗者は、運転者を加害者とする被害者として認められます。ただし、自賠責保険の補償は、交通事故被害者の最低限の救済という意味合いが強く、傷害で120万円、後遺障害で75万円〜4,000万円、死亡で3,000万円と、保険金の支払限度額が定められており、十分な補償を受けられない可能性もあります。

不足する補償をカバーしてくれるのが、自動車保険の「対人賠償保険」「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」です。対人賠償保険は運転者自身が被った損害には適用されません。しかし、同乗者が友人や知人であれば補償の対象となります(記名被保険者、運転者の父母、配偶者、子などの損害は補償の対象外となる)。

単独事故・自損事故で自分の車が損害を受けてしまったときの補償

相手方のいる事故では、相手方が自動車保険の「対物賠償保険」をセットしていれば、自分の自動車が被った損害に対して補償を受けることができます。しかし、単独事故・自損事故には、相手方が存在しません。つまり、相手の対物賠償保険で自動車の損害を補償してもらうことができません。

単独事故・自損事故で自分の車の損害を補償してくれるのは、自動車保険では「車両保険」だけです。車両保険は車同士の衝突事故をはじめ、単独事故・自損事故、自然災害、盗難、いたずらなどによって発生した損害を幅広く補償してくれる保険です。単独事故・自損事故による車の損害に対して不安を抱いているなら、車両保険を検討するといいでしょう。


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.4.6.1