無事故で補償内容も同じなのに保険料が値上げされた!何が原因?

自動車保険の保険料は、ノンフリート等級や補償内容などによって大きく異なります。しかし、過去1年間まったく事故を起こしておらず、補償内容も変更していないのに、自動車保険の更新をすると保険料が高くなることがあります。その主な要因として考えられるのが「型式別料率クラス」「記名被保険者の年齢」「割引制度」「保険料改定」です。本ページでは保険料アップにつながる可能性がある主な要因について解説します。

自分の車の「型式別料率クラス」が上がった

保険会社が自動車保険の保険料を設定する際には、その車の特性や安全性などが考慮されるのが一般的です。そして、それぞれの車の型式ごとの事故リスクを判断するための指標として用いられているのが、「型式別料率クラス」です。

この型式別料率クラスは、自家用普通乗用車と自家用小型乗用車に適用されるもので、それぞれの車の型式ごとの事故リスクを、事故などによる保険金の支払い実績に応じて区分したものです。具体的には、車の型式ごとに「対人賠償保険」「対物賠償保険」「傷害保険(人身傷害保険・搭乗者傷害保険)」「車両保険」の4項目が設けられており、それぞれ1〜9までの値によって事故リスクのレベルが設定されています。値が小さいほどその項目に対する事故リスクは低く保険料も低くなり、逆に値が大きいほど事故リスクが高く保険料も高くなるという仕組みです。

型式別料率クラスは、損害保険料率算出機構が年に一度見直しを行っています。たとえばAという型式の車で対人事故や対物事故が多発し、対人賠償保険や対物賠償保険の保険金支払いが増加した場合、翌年の見直しによって該当する項目の値が大きくなり、その型式の車の保険料がアップすることがあります。

「型式別料率クラス」の変動が保険料アップにつながることがある

対人・対物事故が多いと…型式Aの車 料率クラス 対人:4 対物:3 傷害:3 車両:2 翌年に対人・対物の料率クラスの値が上がり、保険料が高くなる!型式Aの車 料率クラス 対人:5 対物:4 傷害:3 車両:2

「記名被保険者の年齢」が上昇した

車を運転し、事故を起こすリスクはドライバーの年齢によって一定の特徴を持つことが知られています。そのため自動車保険では、ドライバーの年齢による事故リスクの変動を、「記名被保険者(主に運転される方)の年齢」によって保険料に反映させているのが一般的です(運転者年齢条件を設定した場合)。

近年は高齢ドライバーの増加などにより、高齢者の事故比率が増えてきています。それにともなって高齢ドライバーの保険料をアップさせている保険会社が多く、加齢によって保険料が増える可能性があります。記名被保険者(主に運転される方)の年齢別料率区分は保険会社によって異なる場合がありますが、29歳以下、30歳〜39歳(30代)、40歳〜49歳(40代)、50歳〜59歳(50代)、60〜69歳(60代)、70歳以上といった区分が一般的です。

「割引制度」が使えなくなった、割引率が変わった

自動車保険にはさまざまな「割引制度」があります。保険会社によって割引の有無は異なりますが、インターネットで契約すると保険料が割安になる「インターネット契約割引」、新車を購入して自動車保険に加入する際に保険料が割安になる「新車割引」がその代表例です。また、自動車保険の保険料は記名被保険者(主に運転される方)の免許証の色によって変動することが多く、「ゴールド免許割引」という割引制度を用意している保険会社もあります(三井ダイレクト損保では独立した割引制度を採用していませんが、免許証の色が保険料に反映され、ゴールド免許の方は保険料が安くなる仕組みになっています)。

こうした割引の利用は保険料負担の軽減に効果的ですが、更新時に割引を受けるための条件を満たしていないとその適用外となってしまうため、結果として前年の契約よりも保険料が高くなってしまうことがあります。たとえば、前契約期間中に免許証の色がゴールドからブルーになった場合は、更新時にゴールド免許割引の適用外となりますし、新車割引は車検証に記載されている初度登録年月から一定期間経過した車には適用されなくなります。また、インターネット割引は新規契約の場合と継続契約の場合とで割引率・割引額が異なるケースが多く、保険料が変動する要因になります。

保険会社によって「保険料改定」が行われた

自動車保険の保険料は、保険会社の収益環境によっても変動する場合があります。たとえば、保険会社の保険金支払い額が増加し、収益環境が変化した場合、保険会社によって保険料の値上げが行われることがあります。こうした保険料改定についてもしっかりと確認するようにしておきましょう。

今すぐ、始めよう!インターネットからのお見積もり

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み
ページID:
R2.17