「自動車保険(任意保険)」と「自賠責保険(強制保険)」はどう違う?車の保険の種類を知る

自動車に関する保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、自賠責保険とは別に任意で加入する「自動車保険(任意保険)」の主に2種類があります。なぜ自動車に関する保険には自賠責保険(強制保険)と自動車保険(任意保険)が存在するのでしょうか。本ページでは自賠責保険(強制保険)と自動車保険(任意保険)の補償内容の違いと存在意義について詳しく解説します。

法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」

1.「自賠責保険」への加入義務と罰則

「自賠責保険」は「自動車損害賠償責任保険」の略称です。交通事故被害者の救済を目的とした法律である「自動車損害賠償保障法」に基づき、原動機付自転車を含むすべての自動車に加入が義務付けられています。つまり、自賠責保険に加入していない自動車を公道などで運転してはならないということです。そのため、「強制保険」と呼ばれることもあります。

自動車損害賠償保障法にはさまざまな罰則規定があり、違反者には厳しい処分が課されることになります。多くのドライバーが関係する規定をピックアップして紹介しましょう。

  • 自賠責保険に加入していない車両を運行した場合

自賠責保険に加入していない自動車を公道などで運転した場合は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」という処分が下されます。同時に道路交通法の規定に従って、違反点数6点が付加され、ただちに免許停止処分となります。

  • 「自賠責保険証明書」を自動車に備え付けずに運転した場合

自動車を運転する場合は、自賠責保険への加入を証明する「自賠責保険証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)」を、携帯しておかなければなりません。これに違反すると「30万円以下の罰金」の処分が下ります。

2.「自賠責保険」の補償内容

「自賠責保険」の補償の対象は「自動車事故によって他人の身体に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った」場合に限定されています。例えば、他人が所有する車や物に損害を与えてしまう物損事故や、自分の身体や車が損害を受けてしまうような自損事故・単独事故では保険金の支払いは行われません。補償の対象に関しては、後述する「任意保険」と比較するのがわかりやすいので、一覧表をご覧ください。

「自賠責保険(強制保険)」と「自動車保険(任意保険)」の補償の対象の違い

他人 自分
身体の損害
(ケガ・死亡)
財物の損害
(物・車)
身体の損害
(ケガ・死亡)
財物の損害
(車)
自賠責保険
(強制保険)
可能
※保険金に支払限度額がある
不可能 不可能 不可能
自動車保険
(任意保険)
可能 可能 可能 可能
  • 自動車保険(任意保険)の補償の対象は、契約内容によって異なります。

また、補償の対象となっている、他人の身体の損害についても、下の表のように、損害の種類や程度によって保険金の支払限度額が定められています。

「自賠責保険」の保険金の支払限度額

損害の種類 保険金額(支払限度額)
傷害 120万円
死亡 3,000万円
後遺障害 後遺障害の程度に応じた階級によって75万円〜4,000万円
  • 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
    常時介護:4,000万円(第1級)、随時介護:3,000万円(第2級)
  • 上記以外の後遺障害
    3,000万円(第1級)〜75万円(第14級)
  • 被害者一人当たり
  • 2002年4月以降に発生した事故に適用

3.「自賠責保険」の加入方法と保険料

「自賠責保険」には、損害保険会社やその代理店などで加入できます。法律で加入が義務付けられているという性質上、保険料は車種と地域、保険期間によって規定されており、保険会社による差はありません。主な車種と保険期間、保険料の関係については以下の表をご覧ください。

「自賠責保険」の保険料例

37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
自家用乗用自動車 36,780円 35,950円 26,680円 25,830円 16,380円 15,520円
軽自動車(検査対象車) 35,610円 34,820円 25,880円 25,070円 15,960円 15,130円
  • 2017年4月1日以降始期の契約
  • 沖縄県・離島以外の地域

充実した補償とサービスを提供する「自動車保険(任意保険)」

1.「自動車保険(任意保険)」の存在意義

一般的に「自動車保険」とは、「任意保険」のことを指します。任意保険はその名の通り、個人が自由意思で加入するか否かを決められる保険です。自賠責保険と異なり、加入していなくても罰則などはありません。それではなぜ、自動車保険(任意保険)が存在し、多くの人が自動車保険(任意保険)に加入しているのでしょうか。答えは難しくありません。万が一の事故の際に、自賠責保険の補償だけでは不十分な場合が考えられるからです

例えば、自分が運転する車で他人をはねて死亡させてしまった場合、賠償金が数千万円から数億円になってしまうケースがあります。しかし、前述した通り、自賠責保険の保険金の上限は3,000万円です。もし、賠償金が3,000万円を上回ってしまった場合には、その超過分の賠償金が自己負担となってしまいます。自動車保険(任意保険)は、この超過分の賠償金をカバーしてくれるのです。

また、自賠責保険では、他人の車や物が被った損害や、自分が負ったケガなどの損害は保険金の支払い対象外となっています。これらの自賠責保険では補償されない損害に対応するすることも自動車保険(任意保険)の大きな役割です。

2.「自動車保険(任意保険)」の補償内容

自動車保険(任意保険)の主な補償は、「他人のための補償(賠償保険)」「自分や同乗者のための補償(傷害保険)」「自分の車のための補償(車両保険)」に大きく分類され、「賠償保険」はさらに「対人賠償保険」「対物賠償保険」に、「傷害保険」は「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害特約」「自損事故傷害特約」に分けられます。

これらの補償を自分の意思で選択し、加入できるのが自動車保険(任意保険)です。自動車保険(任意保険)を販売する保険会社によって異なりますが、それぞれの保険金の上限金額も選択することが可能です。また、特約という形で必要に応じて補償内容の追加・限定をすることもできます。

保険会社によって補償内容や名称が異なる場合があるため、ここではあくまで自動車保険(任意保険)の一般的な補償の概要のみを紹介します。三井ダイレクト損保の自動車保険(任意保険)の補償内容の詳細は、それぞれのリンクをクリックしてご確認ください。

  • 「自動車保険(任意保険)」の主な補償内容
他人のための補償(賠償保険) ・対人賠償保険 ・対物賠償保険  自分や同乗者のための補償(傷害保険) ・人身傷害保険 ・搭乗者傷害保険 ・無保険者傷害特約 ・自損事故傷害特約  自分の車のための補償(車両保険) ・車両保険

他人のための補償(賠償保険)

  • 対人賠償保険

自動車事故で他人の身体に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償義務を負った場合かつ、その賠償金が自賠責保険の補償額を超過した場合に、超過部分に対して保険金が支払われます。車同士の衝突事故で相手方(他人)にケガ人が出てしまった場合や、歩行者(他人)をはねてケガをさせてしまった場合などの賠償金に対応します。多くの保険会社では保険金の上限金額を「無制限」に設定することが可能です(三井ダイレクト損保は無制限のみ)。

  • 対物賠償保険

自動車事故で他人が所有する財物に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償義務を負った場合に保険金が支払われます。車同士の衝突事故で相手方(他人)の自動車や自動車に積まれていた物を破損させてしまった場合、単独事故で他人の家の塀やガードレール、信号機などを壊してしまった場合などの賠償金に対応します。多くの保険会社では保険金の上限金額を「無制限」に設定することが可能です(三井ダイレクト損保では無制限をおすすめしています)。

自分や同乗者のための補償(傷害保険)

  • 人身傷害保険

自動車事故によって、自分や自分の家族、または保険契約中の車に乗っている人が身体に損害を受けた場合に、実際に被った損害額に合わせて保険金が支払われます。車同士の衝突事故で自分や同乗者がケガをしてしまった場合、自分や自分の家族が歩行中に車にはねられてケガをしてしまった場合(契約内容によっては補償されない)などに対応します。

  • 搭乗者傷害保険

自動車事故によって、保険契約中の車に乗っている人が身体に損害を受けた場合に、あらかじめ定めておいた金額の保険金が支払われます。車同士の衝突事故や自損事故・単独事故で自分や同乗者がケガをしてしまった場合などに対応します。

  • 無保険車傷害特約

自動車保険(任意保険)に加入していない自動車、もしくは損害賠償能力が不十分な自動車との事故で、自分や自分の家族、保険契約中の車に乗っている人が、死亡または後遺障害を負ってしまった場合に保険金が支払われます。補償の対象となるのは、加害者側が負担する損害賠償額のうち、自賠責保険などの補償額を超過する部分です。

  • 自損事故傷害特約

スピードの出しすぎでカーブを曲がり切れずにガードレールに衝突してしまった、ドライバーの前方不注意で他人の家の塀に衝突してしまったなどといった、自損事故・単独事故で、運転者や同乗者などが死傷し、自賠責保険の補償が受けられない場合に保険金が支払われます。

自分の車のための補償(車両保険)

  • 車両保険

自分の車が事故や盗難などによって被った損害に対して保険金が支払われます。車同士の衝突事故はもちろん、自損事故、当て逃げ、車両盗難のほか、台風やゲリラ豪雨による水没、雹(ひょう)の衝突などといった自然災害を原因とする車の損害にも対応しています(契約する車両保険のタイプによって補償範囲は異なる)。車に固定装備されている付属品も補償の対象となります。

3.「自動車保険(任意保険)」の安心・便利なサービス

「自動車保険(任意保険)」には、他人や自分、車の損害に対する補償だけでなく、カーライフを安心・便利にするためのサービスがセットされているのが一般的です。補償内容と同様、保険会社によって提供しているサービスは異なるため、一般的な内容を紹介します。三井ダイレクト損保の自動車保険(任意保険)のサービス内容の詳細は、それぞれのリンクをクリックしてご確認ください。

  • 事故対応・示談交渉サービス

事故を起こしてしまったときに非常に有用なのが「事故対応・示談交渉サービス」です。事故を起こしてしまうと、多くの人が何から手を付けていいのかがわからなくなってしまいます。また、事故解決にあたって相手方との交渉をすることも困難でしょう。そんなときでも、保険会社の受付窓口に事故の連絡をするだけで、適切な対応方法をナビゲート・サポートしてくれます。さらに、対人・対物事故を起こしてしまったときには、自分の代わりに示談交渉を行ってくれるのが一般的です。

  • ロードサービス

近年、多くの保険会社が提供しているのが「ロードサービス」です。保険会社によって提供内容や利用条件は異なりますが、「事故で車が動かなくなった場合のレッカー移動」や、「キー閉じ込み時の開錠」「バッテリー上がり時のエンジン始動」「パンク時のスペアタイヤへの交換」「ガス欠時のガソリン給油・お届け」などが代表的なサービス内容となっています。

  • 優待サービス

レストランやレジャー施設、宿泊施設を特別料金で利用できる加入者限定の「優待サービス」を用意している保険会社もあります。優待サービスが用意されている自動車保険(任意保険)に加入した場合は積極的に利用するといいでしょう。

4.自動車保険(任意保険)の加入方法と保険料

「自動車保険(任意保険)」には、保険会社もしくはその代理店に対して申し込みをすることで加入できます。以前は「代理店型」という、保険会社の代理店で対面で申し込みをする形式が多かったのですが、近年は「ダイレクト型」「通販型」と呼ばれる、電話やインターネットを通じて、直接に保険会社へ申し込みをするタイプの自動車保険(任意保険)も増えてきています。

自動車保険(任意保険)の保険料は、補償内容のほか、さまざまなリスクやコストを分析・加味したうえで、各保険会社が独自に設定しています。また、各保険会社が独自に提供している保険料の割引制度も存在します。そのため加入者、保険会社によって保険料はまちまちです。ここでは自動車保険(任意保険)の保険料に影響を与える代表的な要素を紹介します。

  • 補償内容

補償範囲を広く、保険金の上限金額を高くするほど保険料は高くなると考えるのが基本です。例えば「対人賠償保険」「対物賠償保険」のみで契約した自動車保険(任意保険)よりも、「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」「車両保険」で契約した自動車保険(任意保険)のほうが保険料は高くなります。

  • 運転者の年齢

ドライバーの年齢によって交通事故のリスクは大きく変動することが知られています。そのため、事故リスクの高い年齢の人を主に運転される方(記名被保険者)に設定した場合や、事故リスクの高い年齢の人も運転する設定で自動車保険(任意保険)に加入した場合は、保険料が高くなる傾向があります。

  • 運転者の範囲

自動車保険(任意保険)では、「本人限定特約」「本人・配偶者限定特約」「家族限定特約」「限定なし」などといった形で、補償の対象となる運転者の範囲を設定できるのが一般的です。補償の対象となる運転者の範囲が広いほど、基本的に保険料は高くなります。

  • 過去の事故歴(ノンフリート等級)

自動車保険(任意保険)では、契約者の過去の事故歴に応じた「ノンフリート等級」というものが設定されます。等級は1等級から20等級まであり、数字が大きいほど保険料は安くなります。1年間、無事故で自動車保険(任意保険)を使わないと1等級アップし、事故を起こして自動車保険(任意保険)を使用すると事故の種類・件数に応じて等級がダウンする仕組みです。ちなみに事故には、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故という分類があります。

  • 自動車の型式(型式別料率クラス)

自家用普通乗用車・自家用小型乗用車では自動車の型式ごとに事故リスクに差があり、自動車保険(任意保険)では「型式別料率クラス」という仕組みで、このリスク較差を表現しています。「型式別料率クラス」には、1から9のクラスがあり、数字が高いほど事故リスクが高く、したがって保険料も高くなるのが一般的です。

  • その他

そのほか、契約車両の「初度登録年月」や「用途・車種」「使用目的」も保険料に影響を与えています。また、「年間走行距離」「運転免許証の色」「地域」なども保険料に影響を与える可能性がある要素です。

ページID:
R1.2.1