再発防止の取組み

付随的な保険金の支払漏れに関する再発防止の取組み

三井ダイレクト損保では、保険金のお支払いに関する業務を徹底的に見直し、支払漏れを再発させることのないよう以下のとおり再発防止策を講じております。

1.保険金支払業務に係る基本方針を策定

公平・公正、適時・適切な保険金支払いは損害保険会社である三井ダイレクト損保にとって最も重要な機能であることから、当社の保険金支払いにあたっての基本的な姿勢や、お客さまの視点に立った対応、社会的な役割を踏まえた支払業務の運営を規定した「保険金の支払態勢整備に関する基本方針」を策定し、社内への徹底を図っております。

2.保険金支払業務に関する経営管理態勢の強化

付随的な保険金の支払漏れ防止に関する業務運営体制の整備に関し、経営陣は定期的に報告を受け、確認する態勢を構築しています。 問題が発生した場合は、速やかに改善策の策定・実施を指示し、指導を行う態勢としています。

内部監査による検証態勢

完了事案に対する事後検証、保険金支払業務に係る諸施策の定着状況等を部門検査で点検するとともに、支払漏れ点検等の適切性等について内部監査の重点監査項目と位置付け、監査を実施し、結果を経営陣へ報告しています。

3.お客さまへわかりやすく、もれなく支払保険金をご案内

事故が発生した場合にお支払対象となる保険金をお客さまにご理解いただけるよう、文書やホームページを通じ、補償内容について適切なタイミングでわかりやすくご説明するよう努めています。

具体的には

お客さまに郵送する「事故受付のご案内」に、補償内容をわかりやすく解説した一覧表を掲載しました。同一覧表は、パンフレットやホームページ等にも掲載し、どのような補償があるのか、お客さまからも随時確認できるよう資料の整備を行いました。 お客さまへの各種ご案内文書類は、わかりやすさの観点より適宜見直しを行ってまいります。

4.商品開発部門等の連携による新商品開発体制を構築

商品の開発や改廃の際には、保険金支払業務の適切性を確保するため、商品開発部門と保険金支払担当部門・システム部門等、関連する各部門が十分に連携する体制を構築しました。開発の企画段階、商品開発段階、販売準備段階のそれぞれにおいて、関連部と協議することを規定化し、連携を図っています。

5.支払管理態勢の整備

  1. お客さまへのご案内とお支払いを確実に行うためのサポート機能をシステムで構築
    お客さまへ支払対象となる保険金のご請求案内を確実に行い、適正な保険金支払を行うために、担当者の業務をサポートする機能をシステム構築しました。
  2. 事後点検の実施
    支払漏れ防止の最終確認として、完了事案に対する、事後の点検を行っています。
    • 付随的な保険金について、支払漏れの可能性のある完了事案を支払い直後に毎月システム抽出し、支払漏れの有無について、担当センターで再確認します。次に確認結果を保険金支払管理部門が点検し、結果の妥当性を確認します。
    • 上記事後点検の有効性は、内部監査部門による担当センターへの監査により、定期的に確認しています。

6.保険金支払部門の人材育成

保険金支払部門の担当者は関連する業務の知識を正確に習得しておく必要があり、全担当者を対象にした研修会を設定し、付随的な保険金支払漏れ防止をテーマに講習を行っています。 また、集合研修並びに新規要員研修時に、保険金支払漏れ防止に関するテーマを設定し、継続的に実施する体制を構築しました。

すべては、お客さまの「安心」のために

万一の事故の時に、お客さまに「安心」していただくことを第一に考えて、すべての活動を行ってまいります。今後とも支払漏れ防止策を不断に見直すとともに徹底し、お客さまに安心をお届けする責務をしっかりと果たしてまいります。

なお、医療保険(2006年11月発売)についても、社外の専門家等から構成される支払審査会を設置する等、適切な保険金支払管理態勢を整備・運営しております。

以上


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

サイト利用・各種お問い合わせのご案内

お問い合わせ
ページID:
K3.3.1