自動車保険を選ぶときのポイント

当たり前のことですが、保険は万一のときのために入るもの。ということは、保険の真価は、事故対応のクオリティに尽きるといってよいでしょう。そのような観点で、自動車保険選びのポイントをいくつか挙げてみます。

[1] 初期対応

初期対応時のサービスは要チェック

24時間・365日の事故受付は今やほとんどの保険会社が提供しているサービスですが、連絡したのが夜間や休日の場合は「事故の受付」のみで、実際の対応は翌日以降になってしまうことが多いのが実情です。ですから、その保険会社の本当の親切度を測るためには、「24時間・365日」だけで満足せずに、「どのような事故対応サービス」を「どのような曜日・時間帯」で提供しているのか、具体的にチェックする必要があります。特に気をつけたいのが「初期対応」といわれる部分で、病院や修理工場の手配等がこれに該当します。

[2] 被害事故の相談対応

被害事故時のサポートもチェック

信号停車中に追突された等、自分の側にはまったく責任がなく、相手の過失が100%の事故の場合、自分が加入している保険会社に相談しても「被害事故は保険適用外です」という理由で対応してもらえないことがあります。可能であれば「被害事故」の相談対応についても事前にチェックしましょう。

イメージ画像 人物

[3] 付帯サービス

ロードサービス・提携工場もチェック

上記[1]〜[2]の事故対応のクオリティがしっかりしていることを前提にすれば、他にどのようなサービスが付いているかで決めることになります。事故時のレッカー手配、故障時の修理、ガス欠・キー閉じ込み対応等の「ロードサービス」、提携工場での修理の際の代車や修理箇所の保証等、どの程度のメニューが揃っているのかチェックしましょう。すべて補償されているように見えても、一部が有料だったり、サービス利用に条件が付いていたりする場合があるので、比較には注意が必要です。

ページID:
R2.2