対物賠償で重要だと思うのはどんな点ですか?

無制限であること

対物補償も、対人補償と同じで無制限であることが望ましいです。インターネットのニュースで「自動車で物件事故を起こしてしまい、何億円単位の賠償金を請求される」というケースを見ることがあります。自分で壊しておいて、ただ「とても賠償等できない!」というのは無責任すぎます。それでは自動車を運転する資格がないと思っています。だからこそそうならないためにも、対人・対物補償は制限をかけることなく無制限である方が良いと思うのです。 男性・20代
対物賠償も、対人賠償と同様に絶対無制限とするべきだと思います。電信柱やガードレール、信号機等どこに衝突したとしても、必ずと言っていいほど多額の賠償金が発生し、請求されます。それもかなり高額と聞きました。以前夫が誤ってガードレールに衝突したとき、対物賠償を無制限にしておいて良かった!と心の底から思った、苦い経験があります。あのときもしも無制限にしていなかったら、と思うととても不安になり運転そのものが怖くなってしまいます。もしものときのために加入している保険なので、保険料が多少アップするとしても、そこだけは抑えておきたいポイントです。 女性・20代
対人賠償同様、金額の設定を無制限に設定することが最も重要だと思います。以前、インターネットで調べたときに、信号機やガードレールを破損した場合、とても個人では支払うことのできないほど高額な請求をされるということを知りました。そういった事故を起こす可能性は低いですが、絶対に起きないとは言えません。万一のためにかけているのが保険なので、そういった意味で無制限に設定することは大事だと思います。 男性・30代
対物賠償も対人賠償と同様に、無制限にすることが必須だと思います。事故を起こすときは、その対象物を選べません。万一代わりのきかない価値あるものを壊してしまった場合、個人のレベルでは責任が取れません。対人同様、相手のあることに関しては最上級の補償が必要ですし、最悪のケースに備えておく必要があると思います。自分を守るためにも今後、自動車を運転する以上は対人と併せて対物賠償も無制限を選びます。 女性・50代
対物賠償は、一事故につき無制限で免責なしのプランに加入しています。自動車保険も日進月歩で、各保険会社が競争をして次から次へと新しいプランを打ち出されています。その中でも、私が加入している保険会社の相手への対物賠償に関するプランとして、「対物超過修理費用の補償あり」というものがあります。万一自分自身が起こしてしまった物件事故で、修理費用が発生した場合でもこの賠償補償があればとても安心です。 女性・40代
対人同様に、無制限にする事が必要です。個人的には対物賠償というと事故相手の車両をはじめ、ガードレール、他人所有の壁等どう考えても「賠償金額が数千万円はいかないだろう」と安易に考えていました。しかしさまざまな判例を見ていくと、対自動車の事故でも、その車、例えばトラックに高価な荷物が積まれている場合には、多額の賠償が必要な場合があるようですので、やはり対物も無制限にすべきです。 男性・40代
  • 本ページは引受保険会社にかかわらず、当社がお客さまからいただいた自動車保険に関する一般的なお声を掲載しています。 保険商品の特徴等、記載内容はお客さまの理解に基づくものであり、事実と異なる場合がありますことご了承ください。
  • 2016年11月8日〜2016年11月11日 自動車保険に関するお客さまアンケート結果より抜粋(当社調べ)

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.2.1.15