自動車保険の補償で一番重要だと思うものは何ですか?

いざというときの「対人」「対物」補償がなによりも重要

「対人・対物事故」に対する補償を無制限にすることが当たり前だと感じます。それを最低限の条件とすると、私が選ぶうえで苦戦したのはやはり特約等の補助的な保険の選択です。ここが一番重要だと思っています。色々な種類の保険プランがありますし、そのほとんどが役に立ちそうなプランばかりです。だから自分自身の用途に合わせて「本当に必要なのか?」「実費で払うより得なのか?」など検討してから選択することがもっとも重要だと認識しました。 男性・20代
一番は「対人・対物事故」に対する補償が無制限であることが重要だと思います。事故はいつ何時起こるかわかりませんし、どれくらいの規模かももちろん想定できません。いざ起きてしまうと、とても自己負担では払いきれないような事故も起きかねませんから、そんなとき加入している保険が補償してくれていれば安心です。また自分には必要のないオプションサービスもあるので、オプションのせいで保険料が高くなっていないか注意することも必要かと思います。 女性・20代
自動車保険は自分自身のため、というよりも事故を起こしてしまったときの相手に対する補償、という面が大きいと思います。そういう意味では「対人・対物」補償はしっかり充実させることが何よりも大切です。その他、ロードサービス等付帯サービスも各社それぞれ充実していますが、ロードサービスは専門業者(JAF等)のほうが対応が素早い印象があります。各自に合った付帯サービスを選ぶことが重要です。 女性・50代
「対人・対物」補償ではないかと思います。事故はいつ何時どのようなシチュエーションで起きるかわかりません。万一事故を起こしてしまったとき考えなければならないのは、第一に相手方への補償ですが、もし無制限の補償契約をしていなかったら、自分の大切な家族にも迷惑をかけてしまいます。さらに物に対しても補償が絶対的に必要であると思いますし、それらのすべてに対して補償しておくことで自動車を運転するときの安心感を得られると思います。いかなる事故にも備えられることがとても大切です。 女性・40代
一番は、「対人・対物」補償だと思います。と言いますのも、私自身補償をしてもらう側として事故を経験しており、そのとき私の自動車の修理代金、病院にかかり通院するための費用等すべて見積もると大きな金額になります。もし逆の立場だったら、と考えると自己負担ではとても払いきれず、日常生活に相当なダメージがあると感じました。その時に改めて、「対人・対物」補償が重要だということを再認識しました。 男性・30代
「対人・対物」補償です。自分自身への補償よりも、事故を起こしてしまったときの相手に対する補償が充実しているべきだと思います。 女性・30代
  • 本ページは引受保険会社にかかわらず、当社がお客さまからいただいた自動車保険に関する一般的なお声を掲載しています。 保険商品の特徴等、記載内容はお客さまの理解に基づくものであり、事実と異なる場合がありますことご了承ください。
  • 2016年11月8日〜2016年11月11日 自動車保険に関するお客さまアンケート結果より抜粋(当社調べ)

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.2.1.11