自動車保険を選ぶ際、何に重点を置きましたか?

事故時の補償

なにより一番重視したのは、もしものときの補償です。そのためにも、事故時の対人・対物無制限補償は絶対条件でした。絞り込んだ後、2番目に気になったのは保険料。自分が運転する上で最低限必要な補償だけあればいいので、その分価格も高すぎることのないものを探しました。万一の事故発生時はしっかり補償してくれて、なるべく余計なオプションはついていないシンプルな保険であることが重要でした。 女性・20代
自動車保険に関して無知だった私は、自動車保険に加入する時に重視すべきポイントがわからず困り、夫や友人である保険担当者に相談をしました。説明を聞いた中で重要だと感じたのは、「事故が起きたときにまずは、人間を守ってくれる補償があること。その次に車両も補償してくれること」でした。そして自分が納得した上で、その当時の自分自身や事故相手、それから自動車を守ってくれる補償内容にポイントを置いて決定しました。 女性・40代

事故時のサポート

事故を起こしたときの対応が迅速で、サポートや補償をしっかりしてくれるところにしようと最初から決めていました。その分保険料が割高でも、手厚い補償を受けられるものであればその方が安心です。友人が事故を起こしたとき、保険会社から「こちらですべて対応しますから」と言われていたため、相手先へは電話で謝罪し、お詫びの菓子折りも郵送ですませてしまったことによってより怒りを買った、という経験を聞きました。あまり大きな事故でない場合でも、自分が事故を起こして相手に迷惑をおかけしたとき、相手の感情を鎮めてしっかりケアしてくれる保険会社を選ぶことはとても重要だと考えています。 男性・50代

保険料の安さ

免許を取得してすぐ、しかも年齢も若いということで通常どおり保険に加入すると高い保険料を払わなければなりません。保険というのは自動車を所有する限り継続し続けなければならないものなので、保険料は大事なポイントでした。家族の紹介で加入すると、割引が適用されるということで比較検討せずに決めました。 男性・20代
1番重点を置いたのは「毎月の保険料」です。以前、起こした事故によって保険料が大幅に上がってしまうという話を聞き、とにかく安い保険会社という点に絞って選びました。2番目は、いざというときの事故対応がきちんとしてもらえるか、です。ネットの口コミサイトをいくつも調べてから、検討しました。 男性・40代
保険料と補償内容のバランスです。保険料を分割で支払うと割高になってしまうケースが多いので、なるべく一括で保険料を支払いたいと考えていました。その分できるだけ価格を抑えたかったためです。とは言っても、補償内容が悪かったり、自分に合っていなければ意味がないので、その点についてもよく検討しました。特にロードサービスに関する内容が、会社によって大きく違うので良い条件が付与されているプランを選択しました。 女性・40代

保険会社のネームバリュー

万一のことを考えて、求める補償内容としては「対人補償は無制限」。これは絶対条件でした。その他はそれまで加入していた保険内容とほぼ同様にしました。金額面も重視しましたが同様の加入条件では各社それほどの差はなく、残る決め手は「保険会社のネームバリュー」でした。自動車が購入後5年を経過して古くなってきたので、車両保険はなくすつもりでしたのでネームバリューを重視しても価格を抑えることができました。 女性・50代
  • 本ページは引受保険会社にかかわらず、当社がお客さまからいただいた自動車保険に関する一般的なお声を掲載しています。 保険商品の特徴等、記載内容はお客さまの理解に基づくものであり、事実と異なる場合がありますことご了承ください。
  • 2016年11月8日〜2016年11月11日 自動車保険に関するお客さまアンケート結果より抜粋(当社調べ)

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.2.1.7