過失割合とは?

イメージ画像

過失とは一般的には注意不足により過ちを犯すこと、あるいはその注意不足のことをいいます。交通事故の場合は道路交通法などの法令や一般的な運転慣行等に照らして双方の過失の有無・程度を検討し、それぞれの過失の大小について70:30や90:10、あるいは7:3や9:1といった割合で表現をします。これを過失割合といいます。
わかりやすいように責任割合という言葉を用いることもあります。

事故で発生した損害について通常は、それぞれが過失割合に応じて負担することになります。
つまり過失が大きい方だけでなく、過失が小さい方も過失割合分は損害を負担する必要があるということになります。


\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.5.7.1