走行車線から追越車線への進路変更時の四輪車同士の事故

走行車線から追越車線への進路変更時の四輪車同士の事故(後続直進車A・進路変更車B)のイメージ図

走行車線から追越車線へ進路変更をした際に、追越車線を走行してきた後続の直進車と接触した事故です。進路変更車・後続直進車ともに四輪車のケースの基本過失割合は、進路変更車が80%、後続直進車20%の80:20です。

進路変更に際しては、変更後の進路と同一の進路を後方から進行してくる車両が優先されます。そのため基本過失割合は進路変更車が大きく、後続直進車の過失割合が小さくなります。しかし、進路変更車は事前に合図等で進路変更の意思表示をしていることが通常であり、それを見た直進車としても適宜減速するなど衝突を回避することは可能と考えられ、基本過失割合はこの割合(80:20)となっています。

一般道路における進路変更車と後続直進車の事故(四輪車同士)の基本過失割合は70:30ですが、それに比べるとこのケースでは進路変更車の過失が10%重くなっています。これは、高速道路における事故では一般道路での事故と比べて、道路交通法に従わない走行について過失を重く評価するためです。高速道路では事故の結果が重大なものとなることも多く、一般道路の走行時以上に道路交通法に従って走行することが要求されるためです。

なお、一方が二輪車(バイク)の場合は、上記の割合(80:20)から二輪車側を10%減算した割合が基本過失割合になります。
つまり進路変更車が二輪車で後続直進車が四輪の場合の基本過失割合は、二輪車70%:四輪車30%です。
進路変更車が四輪車で後続直進車が二輪車の場合の基本過失割合は、四輪車90%:二輪車10%です。

基本過失割合 A20%:B80%
  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

  • 自動車保険のお申し込み手続きの際は、事前に過去1年間の年間走行距離・積算走行距離計(オドメーター)の値と、主に運転される方の運転免許証の色をご確認のうえ、お電話ください。
ページID:
C.5.5.4.4