駐車場内の通路を走行する四輪車と駐車スペースに入る四輪車の事故

駐車場内の通路を走行する四輪車と駐車スペースに入る四輪車の事故(車A・車B)のイメージ図

駐車場内の通路を走行する四輪車と駐車スペースに入る四輪車(前進か後退かは問いません)が衝突した事故の基本過失割合は、通路走行車が80%、駐車スペースに入る四輪車が20%の80:20です。

駐車場は駐車のための施設であり、その施設の目的に照らし、駐車スペースへの進入動作は通路走行より優先するとの考えのもと、基本過失割合は定められています。
しかしながら駐車スペースに入る四輪車としても、その進入動作は通路の他の車両等の通行を妨げることになるため、通路上の他の車両等の動静に注意すべき義務があると考えられます。
以上を踏まえて基本過失割合は80:20となっています。

なお、駐車スペースに入る四輪車が運転操作誤り等により、十分な距離を置いて停止していた通路進行車に衝突した場合や、駐車スペースに入る四輪車が両車の距離が近接しているのに急に後退を開始した場合などはこの基本過失割合によらず、個別の状況を踏まえて最終的な過失割合を判断することになります。

基本過失割合 A80%:B20%
  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.5.1.9