駐車場の通路が交差する部分での四輪車同士の事故

駐車場の通路が交差する部分での四輪車同士の事故(車A・車B)のイメージ図

駐車場内の通路が交差する部分での四輪車同士の出合い頭事故の基本過失割合は、双方50%の50:50です。
駐車場内は駐車スペースを探して進行する車両や出口に向かう車両のほか、駐車スペースに入ろうとする車両や駐車場から出ようとする車両なども存在し、車両が前進だけではなく転回や後退などさまざまな動きをすることが予想される場所です。そのため通路の交差部分では双方車両に等しく注意義務があると考えられており、基本過失割合は50:50となっています。

具体的な事故の過失割合を検討するにあたっては、通路の幅や通路の形態、あるいは一時停止や通行方向規制違反の有無など、個別の状況を考慮して最終的な過失割合を判断することになります。

基本過失割合 A50%:B50%
  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

  • 自動車保険のお申し込み手続きの際は、事前に過去1年間の年間走行距離・積算走行距離計(オドメーター)の値と、主に運転される方の運転免許証の色をご確認のうえ、お電話ください。
ページID:
C.5.5.1.7