二輪車(バイク)が四輪車の開放したドアと衝突した事故

二輪車(バイク)が四輪車の開放したドアと衝突した事故(後続車A・ドア開放車B)のイメージ図

走行中の二輪車(バイク)が駐停車中の四輪車の開放したドアと衝突した事故の基本過失割合は、二輪車が10%、四輪車が90%の10:90です。

四輪車の運転者はドアを開ける際には周囲の安全確認を行う必要があり、それが不十分であったために事故が発生しているので、基本的に四輪車側の過失が大きくなります。ただし、二輪車側も軽度の前方不注視(過失)があるものと考えられ、基本過失割合は二輪車10%、四輪車90%となっています。

実際に事故が発生した際は、基本過失割合に対して、個別の状況を考慮して双方の過失割合を増減し、最終的な過失割合を判断します。 たとえば、夜間の事故の場合は二輪車がドアの開放に気づくのがより困難になるため、二輪車の過失を5%減算します。逆に、四輪者がトランクを開けて停車しているなどドア開放を予測させる状況があった場合には、二輪車の過失を10%加算するなどします。

また、二輪車が四輪車の横を通過する直近でドアが開いた場合は、二輪車に前方不注視の過失があるとまでは言えず、四輪車の過失100%(二輪車0%)となる場合もあります。

基本過失割合 二輪車10%:四輪車90%
  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

  • 自動車保険のお申し込み手続きの際は、事前に過去1年間の年間走行距離・積算走行距離計(オドメーター)の値と、主に運転される方の運転免許証の色をご確認のうえ、お電話ください。
ページID:
C.5.5.2.8