交差点に赤信号で進入した二輪車(バイク)と青信号で進入した四輪車との事故

交差点に赤信号で進入した二輪車(バイク)と青信号で進入した四輪車との事故(赤信号車A・青信号車B)のイメージ図

信号機のある交差点で、二輪車(バイク)が赤信号、四輪車が青信号でともに直進で交差点に進入し衝突した事故における基本過失割合は、二輪車が100%、四輪車が0%の100:0です。

二輪車は四輪車と比較した場合に交通弱者となりますが、信号規制に従うことは基本的なルールであり、また四輪車が青信号進入であることより、基本過失割合は二輪車が100%となっています。
(基本的に青信号に従って交差点を走行する車両は通常、交差道路から赤信号を無視して交差点進入する車両があることまで予測(想定)する義務はないと考えられています。)

しかし、青信号で交差点を直進した四輪車でも、通常期待される前方左右への確認が不十分だった場合や、ハンドルやブレーキなどの不適切な操作(不操作)があった場合などは、その程度に応じて過失を問われることもあります。
実際に事故が発生した際は、基本過失割合に対して、個別の状況を考慮して双方の過失割合を増減し、最終的な過失割合を判断します。

基本過失割合 二輪車100%:四輪車0%
  • 本ページでは、基本過失割合を記載しています。実際の事故では事故状況を個別に確認したうえで過失割合を協議し決定しますので、基本過失割合と異なる結果となる場合もあります。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.5.2.2