竜巻や突風(自然災害)による損害

イメージ画像 竜巻や突風

1.竜巻や突風によるお車の損害に備えるには自動車保険に車両保険をセットすることが必要

竜巻や突風によるお車への被害についてはどのようなものが考えられるでしょうか。まずは、風でお車自体が吹き飛ばされることによる被害が考えられます。走行中に竜巻や突風に遭遇して道から落ちてしまったり、脱輪したり、モノにぶつかったりすることもあるでしょう。また、風で飛来してきた瓦や看板、樹木等がお車にぶつかることもあるかもしれません。
竜巻や突風によるお車の損害に備えるには、自動車保険に車両保険をセットすることが必要です。車両保険には、一般的な補償範囲の一般タイプと、補償範囲を限定した限定タイプがあります。
竜巻・突風によるお車の損害は一般タイプ、限定タイプいずれも補償対象になる場合が大半ですが、保険会社によって異なることがあるため、詳細は、保険会社にお問い合わせください。

2.竜巻・突風による損害は、車両保険でどこまで補償されるの?

車両保険では、損害額から免責金額(自己負担額)を差し引いた金額を保険金としてお支払いします。もし、竜巻によりお車が飛ばされて見つからなかった場合や、または修理することはできるがその修理費が車両保険金額以上となる場合は、全損となり、免責金額にかかわらず車両保険金額の全額をお支払いします。
もし、竜巻・突風による損害を受けて車両保険金をお支払いする事故があった場合には、翌年の自動車保険加入時の等級が1等級下がり、事故有係数適用期間が1年加算され、保険料が上がります。
自然災害による損害を補償する車両保険ですが、補償される損害の範囲は、保険会社によって異なる場合がありますので、詳細は、保険会社にお問い合わせください。

  • 本ページは、引受保険会社や担当行政機関にかかわらず、一般的なご説明を記載しております。

\お見積もりは個人情報不要!/

お見積もり・お申し込み

新規お見積もり専用ダイヤル

0120-280-921

平日9:00〜22:00
土日祝9:00〜18:00

ページID:
C.5.4.3.4